まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC S 構造力学

たわみが大きい…どうする?

投稿日:2017年7月31日 更新日:

夏ですね。

音だけが聞こえてくる花火大会ほど嫌なものはありません! 一緒に見に行く人がほしい^^;

そんな話はおいといて、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

部材を設計していてたわみが制限値を超えた…

こんなとき、皆さんならどうしていますか?

考えられる案としては…

①そもそもたわみの検討必要か考える。必要であれば制限値のチェック。

②荷重を見直す。

③部材のIを上げる。Cならば2Cにする等。

④連続梁にする。

⑤くっついている部材(スラブとか)の合成効果を考慮する。

⑥上から吊るor下から支える(方杖、張弦梁など)

⑦むくりをつける

⑧プレストレスをかける

⑨変形増大率を計算で求める

⑩実験で確かめる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

④について、

等分布荷重wがかかる均等スパンの梁のたわみは…

単純梁のδmax1=(5/384)wl^4/EI … 5/384=0.0130  1

2連梁のδmax2=(1/185)  wl^4/EI … 1/185=0.0054  0.42

3連梁のδmax3=(1/145)wl^4/EI  … 1/145=0.0069   0.53

(※上記データの参考文献は、気になる方のみ、コメントでお聞きください(笑))

このように、梁のたわみは、単純梁を1とすると、1:0.42:0.53となります。

連続梁にすると、たわみは半分ぐらいになるんですね。

注意したいのは3連梁、これは2連梁よりもδmax、Mmaxともに少しだけ大きくなります。

連続梁にすればするほど小さくなるわけではないんですね(^-^)

 

 

 

たわみの検討をする際、SやRC部材なら大抵、曲げ変形のみを考慮すればOKですが、

CLT床の場合は、せん断変形も考慮するので要注意ですね。

 

こんなところでしょうか。また思いついたら追記したいと思います。

それでは、今日もがんばりましょう。

 

 

 

 

2+

Users who have LIKED this post:

  • avatar





-RC, S, 構造力学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

月刊『建築技術』の特集 S造

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』のS造に関する特集号一覧です。 意外と特集が少ないS造。 ■鉄骨 年 月 No. タイトル 1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して 19 …

引張ブレースの設計

久々にブレースの設計をすると、断面積に全断面積Agか有効断面積Aeのどちらを 使うのかわからなくなります(いまだに^^;) 今度こそってことで、まとめておきたいと思います。   ・山形鋼、溝 …

遷移温度とは?

遷移温度ってたまに見かけるけど、忘れたというか、よくわかってなかったので調べておこうと思います^^;     低温になると鋼材は粘り強さを失い、脆性破壊を生じる。これは、極寒冷時の …

no image

月刊『建築技術』の特集 RC造

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』のRC造に関する特集号一覧です。 ■RC 年 月 No. タイトル 1998 7 581 SRC造の耐震診断と耐震改修 2002 7 630 新世紀の …

柱梁仕口部の水平スチフナは省略できる?

H形鋼で、柱通し形式の場合、 柱梁接合部には、普通、水平スチフナを入れますよね。 「でも、ここに必要か?のけられるならのけたいんだけど」 って時に、どういう検討をすればいいのでしょうか。 「実務から見 …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事