まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC S 構造力学

たわみが大きい…どうする?

投稿日:2017年7月31日 更新日:

夏ですね。

音だけが聞こえてくる花火大会ほど嫌なものはありません! 一緒に見に行く人がほしい^^;

そんな話はおいといて、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

部材を設計していてたわみが制限値を超えた…

こんなとき、皆さんならどうしていますか?

考えられる案としては…

①そもそもたわみの検討必要か考える。必要であれば制限値のチェック。

②荷重を見直す。

③部材のIを上げる。Cならば2Cにする等。

④連続梁にする。

⑤くっついている部材(スラブとか)の合成効果を考慮する。

⑥上から吊るor下から支える(方杖、張弦梁など)

⑦むくりをつける

⑧プレストレスをかける

⑨変形増大率を計算で求める

⑩実験で確かめる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

④について、

等分布荷重wがかかる均等スパンの梁のたわみは…

単純梁のδmax1=(5/384)wl^4/EI … 5/384=0.0130  1

2連梁のδmax2=(1/185)  wl^4/EI … 1/185=0.0054  0.42

3連梁のδmax3=(1/145)wl^4/EI  … 1/145=0.0069   0.53

(※上記データの参考文献は、気になる方のみ、コメントでお聞きください(笑))

このように、梁のたわみは、単純梁を1とすると、1:0.42:0.53となります。

連続梁にすると、たわみは半分ぐらいになるんですね。

注意したいのは3連梁、これは2連梁よりもδmax、Mmaxともに少しだけ大きくなります。

連続梁にすればするほど小さくなるわけではないんですね(^-^)

 

 

 

たわみの検討をする際、SやRC部材なら大抵、曲げ変形のみを考慮すればOKですが、

CLT床の場合は、せん断変形も考慮するので要注意ですね。

 

こんなところでしょうか。また思いついたら追記したいと思います。

それでは、今日もがんばりましょう。

 

 

 

 

2+

Users who have LIKED this post:

  • avatar





-RC, S, 構造力学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

引張ブレースの設計

久々にブレースの設計をすると、断面積に全断面積Agか有効断面積Aeのどちらを 使うのかわからなくなります(いまだに^^;) 今度こそってことで、まとめておきたいと思います。   ・山形鋼、溝 …

no image

鉄骨梁の継手位置での断面算定

2018年、いかがお過ごしでしょうか。 私はというと、なんか寒すぎて…テンション下がり気味です。 ホッカイロを2つ持ってなんとかしのいでます(‘ω’;) 物件もひと段落ついたし …

no image

RC柱梁接合部の保証設計

柱梁接合部の(せん断)保証設計ってなかなか余裕度を確保するのが難しいですよね^^;(僕だけでしょうか…) 柱はそのままで、梁を変更した場合どうなるのか、検証してみたいと思います(`・ω・´) ①梁主筋 …

no image

仕口部の保有耐力接合とかいうやつ

角形鋼管柱にH形鋼の梁が取りつく仕口の保有耐力接合ってめんどいですよね。 最近は電算で自動計算できるようになったのでありがたいことですが。 柱スキンプレートの面外変形を考慮した上で保有耐力接合にしない …

no image

RC造のAwに算入できる耐力壁

RC造ルート1、2-1、2-2においてAwに算入できる耐力壁 告示 平成19年国交告第593号には、 Aw 当該階の耐力壁のうち計算しようとする方向に設けたものの水平断面積(単位 平方ミリメートル) …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事