まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

引張ブレースの設計

2017/03/29   -S

久々にブレースの設計をすると、断面積に全断面積Agか有効断面積Aeのどちらを 使うのかわからなくなります(いまだに^^;) 今度こそってことで、まとめておきたいと思います。   ・山形鋼、溝 …

コンクリートのひび割れを抑える方法

2017/03/28   -RC, 材料

コンクリートにはひび割れがつきものです。 ひび割れたら何が困るのかというと、見た目に美しくないだけでなく、 「水が入ってしまう」のです。   水が入るとどうなるのか、鉄筋コンクリートにはその …

no image

「浮き上がりを考慮する」とは

2017/03/27   -基礎, 計算ソフト

電算のソフトに「浮き上がりを考慮するorしない」という入力項目があると思います。   浮き上がりを考慮するorしないとはどういうことかというと、   浮き上がりを考慮する … 支点 …

no image

SS材・SM材・SN材

2017/03/26   -S, 材料

ほとんどSS材を使うけど、板厚方向に大きな力がかかるようなダイアフラムには SN材のCを使う(SN490C)。SN材は高いので、官庁物件等で指定された時以外はあまり使わない。 一般的な構造設計者がすぐ …

no image

偏心率がおかしい

2017/03/24   -計算ソフト

平面的に不整形な建物の立体解析をしたら、偏心率がおかしな値になってしまいました(^^;   まあ、予想はしていたのですが、ソフトの仕様上、「ねじり剛性や水平剛性が0または負になった場合はFe …

no image

杭基礎フーチング周りの寸法

2017/03/23   -基礎

■杭の最小間隔…施工性と支持力への影響を考慮して下記の値となっている。   杭間隔が小さい場合は群杭の影響を考慮する。 施工性、支持力や変位量の妥当な評価が可能であれば、上記の値にこだわる必 …

no image

杭径と杭種、どちらを上げる方がお得か

2017/03/22   -基礎

プレボーリングの既製杭、PHC杭をよく使うのですが、設計変更でもともと考えていた杭では持たなくなる ということが結構ありますよね。 支持力が持たなくなったときは、杭径を上げるか、杭長を長くするかという …

no image

耐震規定の変遷

2017/03/21   -規準

●1915年(大正5)   佐藤利器が「家屋耐震構造論」の中で「建物の重量にある係数を掛けた水平力を建物に作用させ、それを設計地震力とする」という考え方を提唱。 ●1920年(大正9)  「市街地建築 …

no image

コンクリートは冷たくて、木は温かい?

2017/03/20   -材料

コンクリートって何か冷たい印象を抱かれがちですよね。 一方、木は「木のぬくもり」という言葉が使われるように、あったかいイメージがあります。 なんでか考えてみます。 ①色 コンクリートは灰色、どちらかと …

no image

建築構造設計とは?

2017/03/19   -未分類

Aさん「お仕事は何をされてますか?」 と聞かれたとき、構造設計者の皆さんはどう答えられていますか?   僕は、こんな風に言ってます。 僕「建築設計です。といっても、構造設計というものをしてま …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事