まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

no image

RC小梁設計の時の注意点

2018/11/02   -RC

最近S造の物件ばかりが続いていたのですが、久々にRC造をやってます。 小梁設計のときに見落としがちなのが、RC壁の重量も考慮すること。 伏図を見ていて、書かれていなくても、下の階に壁がついている場合が …

no image

屋上設備荷重などの考慮

2018/10/31   -未分類

屋上に設備機器を置く場合、 機器の基礎を押えコンの上に150mmのべた基礎を作ったり、500mm角×高さ500mmぐらいの基礎を作ったりしますよね。 その荷重をどう考慮するかですが、 小梁の上にきれい …

no image

立面図にこだわる意匠屋さん

2018/10/29   -未分類

意匠屋さんは立面図の見た目を気にされますねー 実際、そんな高いところ下からまじまじ見る人いないって!(笑) (同業者は稀に見るかもだけど^^;) 立面図を書くと目の前に見えるし、図面になったときにかっ …

no image

アンカーボルトは中ボルトじゃない

2018/10/17   -S

私が入社して間もないころ、アンカーボルトの計算で高力ボルトの耐力を用いて計算していたため、 上司に「アンカーボルトは高力ボルトじゃない。中ボルトですよ。」と言われ、ああそうなんだと何年か思っていました …

no image

保有水平耐力を上げる方法

2018/10/11   -未分類

■RC造 ・指定層間変形角以前にヒンジが生じている部材の主筋を増やす。 せん断保証設計に注意。柱なら引張鉄筋比に注意。 ・断面を大きくする。 どの階のどの節点で指定層間変形角になっているか確認する。 …

no image

「なぜ新耐震住宅は倒れたか 変わる家づくりの常識」

2018/10/10   -木造

「なぜ新耐震住宅は倒れたか 変わる家づくりの常識」 (日経ホームビルダー編 日経BP社 2016年8月29日)の読書メモです。   ■2016年熊本地震 ・震源…熊本県熊本地方 ・地震規模 …

no image

木造建築関連基準の見直し

2018/10/08   -法規

平成27年6月施行 「Q&A 改正建築基準法のポイント」新日本法規 より。 ・木造建築関連基準の見直しの具体的な改正内容(法第21条、第27条) 木材の利用を促進するため、耐火構造としなければならない …

no image

付着と定着

2018/09/25   -RC

RC規準では、 ・付着及び継手に関しては  長期+短期+安全性確保の検討が必要 ・定着に関しては  安全性の確保のみが要求されている。 異形鉄筋の場合、付着の破壊は付着割裂破壊となる。 これは、鉄筋が …

no image

母屋の向き

2018/09/24   -S

鉄骨造で母屋のcチャンを入れる時、皆さんはどの方向に入れてますか? 水勾配と直交方向に入れると、割付が簡単だし、仕上げ材を母屋に取り付けることができますが、 水勾配に沿った方向に入れると、仕上げ材を下 …

no image

H-350の細幅とH-244の中幅

2018/09/21   -S

部材せいが違うだけで、フランジ幅、板厚は同じなんですね。 H-350×175×7×11 H-244×175×7×11 Iy、Zyは同じで、Aが異なるので、iyは少しだけH-244が大きくなっています。 …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事