Press "Enter" to skip to content

断面算定結果がNG…どうする?

Last updated on 2022年9月5日

部材断面は余裕をもって設計するのが一番ですが、なかなかできない場合もありますよね。 そんなときの対処法をまとめておきます。

①感覚と合っているか感じる(全体の設計方針とあっているか。骨組のバランスは?)

②検定比の中身のチェック (ケースは長期or短期?、検定比、その他の部材の検定比との比較、断面算定位置、一本化など)

③応力図・変形量のチェック(応力図は妥当か? CMQ、応力割増し、変形量、たわみ)

RCの場合は剛節架構の応力割増し、袖壁、垂れ壁などの影響が大きい。応力割増しは、ひび割れによる剛性低下を考慮した弾塑性増分解析をしてみる。 S造の場合は剛床解除の設定が間違っていないか、梁の水平剛性、捩れ剛性などの設定をチェック。

④荷重入力のチェック。(床荷重、特殊荷重、仕上げ荷重、地震力、Z、Co、Aiなど)

荷重を減らせる場合は減らす。(屋根、床、壁の仕様、階高の調整など)

⑤部材サイズを上げられないか? もつ部材に変更してみる。(幅、せい、板厚、強度など)天井懐に余裕はないか? 梁が天井から出てきてもいいのでは?

⑥間仕切壁の重量を見直す。間仕切壁の荷重伝達はどうなってる?

⑦梁の掛け方、床荷重の伝達方向を見直す。

⑧柱・梁・小梁等を追加して荷重を分散できないか?

⑨特殊な部材を用いる。(高強度材、ビルドH、PRC梁、SRC、CFT、トラス材、張弦梁など)

⑩鉄骨梁の場合、曲げにウェブを考慮できないか、ノンスカラップにできないか。合成梁にするか。

⑫計算ルートを変える。

大体こんなところでしょうか。

他にもこんなのがあるよ!という方はコメントいただけるとありがたいです^^

もちろん、部材の断面算定結果を見る前に、全体の計算条件のチェックはしておく必要はありますよね。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。