まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC S 木造

断面算定結果がNG…どうする?

投稿日:

部材断面は余裕をもって設計するのが一番ですが、なかなかできない場合もありますよね。 そんなときの対処法をまとめておきます。

①感覚と合っているか感じる(全体の設計方針とあっているか。骨組のバランスは?)

②検定比の中身のチェック (ケースは長期or短期?、検定比、その他の部材の検定比との比較、断面算定位置、一本化など)

③応力図・変形量のチェック(応力図は妥当か? CMQ、応力割増し、変形量、たわみ)

 RCの場合は剛節架構の応力割増し、袖壁、垂れ壁などの影響が大きい。応力割増しは、ひび割れによる剛性低下を考慮した弾塑性増分解析をしてみる。 S造の場合は剛床解除の設定が間違っていないか、梁の水平剛性、捩れ剛性などの設定をチェック。

④荷重入力のチェック。(床荷重、特殊荷重、仕上げ荷重、地震力、Z、Co、Aiなど)

 荷重を減らせる場合は減らす。(屋根、床、壁の仕様、階高の調整など)

⑤部材サイズを上げられないか? もつ部材に変更してみる。(幅、せい、板厚、強度など)天井懐に余裕はないか? 梁が天井から出てきてもいいのでは?

⑥間仕切壁の重量を見直す。間仕切壁の荷重伝達はどうなってる?

⑦梁の掛け方、床荷重の伝達方向を見直す。

⑧柱・梁・小梁等を追加して荷重を分散できないか?

⑨特殊な部材を用いる。(高強度材、ビルドH、PRC梁、SRC、CFT、トラス材、張弦梁など)

⑩鉄骨梁の場合、曲げにウェブを考慮できないか、ノンスカラップにできないか。合成梁にするか。

⑫計算ルートを変える。

大体こんなところでしょうか。

他にもこんなのがあるよ!という方はコメントいただけるとありがたいです^^

もちろん、部材の断面算定結果を見る前に、全体の計算条件のチェックはしておく必要はありますよね。

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-RC, S, 木造

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

高力ボルトの導入張力確認試験は省略してよいか?

高力ボルトの受け入れ時の試験である、導入張力確認試験は省略してよいのでしょうか? ・導入張力確認試験の動画 -042- 高力ボルト現場軸力導入試験】現場に見る建築実務プレミアム100シリーズ     …

no image

月刊『建築技術』の特集 RC造

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』のRC造に関する特集号一覧です。 ■RC 年 月 No. タイトル 1998 7 581 SRC造の耐震診断と耐震改修 2002 7 630 新世紀の …

no image

RC小梁設計の時の注意点

最近S造の物件ばかりが続いていたのですが、久々にRC造をやってます。 小梁設計のときに見落としがちなのが、RC壁の重量も考慮すること。 伏図を見ていて、書かれていなくても、下の階に壁がついている場合が …

no image

月刊『建築技術』の特集 木造

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』の木造に関する特集号一覧です。 年に1~2回ぐらい特集されていますね。 ■木造 年 月 No. タイトル 1997 9 570 木造住宅の構造設計の基 …

軽鋼構造設計施工指針とは?

現在、非住宅(住宅以外)の鉄骨構造は重量鉄骨により設計されることがほとんどだと思いますが、稀に軽量鉄骨で作られているコンビニなどを目にすることがあります。平屋のコンビ二程度であれば、施工性の良さや軽さ …

ブログ内検索

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク