まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC

付着の検討が省略できる場合

投稿日:2020年2月4日 更新日:

RC規準2018年版において、「付着の検討が省略できる場合」についてまとめてみます。

長期荷重に対する梁の通し筋の付着応力度の検討が不要となる場合

・長期荷重を受ける梁で通し配筋としている場合‥両端ともに引張あるいは圧縮を受けているため、通し配筋された梁主筋が左右に滑ることはないと考えてよい。
(柱部材は、一般に長期・短期荷重ともに逆対称に近い曲げモーメント分布となるため、長期荷重に対する付着応力度の検討が必要)

付着割裂破壊に対する安全性の検討が省略できる場合

・全て通し配筋とする場合で、せん断の安全性の検討を行い、大地震動に対して曲げ降伏しないことを確かめた場合。
せん断の検討は、荒川mean式や、規準15条によるせん断の安全性の検討などによる。

・大地震動に対して付着割裂破壊を生じるおそれがない曲げ材(スラブや小梁、片持梁などの長期荷重が支配的な部材など)

「2015年版 建築物の構造関係技術基準解説書」の解説において、「付着割裂破壊」が、条文の中の「せん断破壊等による構造耐力上支障のある急激な耐力の低下」に含まれることが明記され、
RC部材の設計ルート全てにおいて付着割裂破壊が生じないことを確かめることとなりました。

では、どうしても付着割裂破壊が「生じる」となった場合はどうするのかというと‥

付着割裂破壊するとなった場合

ルート3の場合は、部材種別を考慮した保有水平耐力計算ができるため、付着割裂破壊が「生じる」となった部材は、脆性部材として部材種別FDとなります。
その他の計算ルートの場合は脆性破壊を考慮した設計ができないため、付着割裂破壊しないようにする必要があります。

付着割裂破壊がNGになりやすいのは、短スパンの梁ですね。
付着割裂破壊をOKにするには以下の方法が考えられます。
・主筋の間隔を増やして付着強度を上げる。
・スタラップを増やす。
・曲げ降伏しないように主筋を増やす。
などが考えられますが、主筋を増やしすぎると、今度は接合部の設計が難しくなります。
主筋の間隔を増やすと付着強度が大きくなりますので、1段にならぶ主筋本数を減らすと結構OKになったりします。
4/2を3/3にするなどですね。

 


2+
いいね! 0
読み込み中...





  

-RC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

たわみが大きい…どうする?

夏ですね。 音だけが聞こえてくる花火大会ほど嫌なものはありません! 一緒に見に行く人がほしい^^; そんな話はおいといて、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 部材を設計 …

no image

RC造のAwに算入できる耐力壁

RC造ルート1、2-1、2-2においてAwに算入できる耐力壁 告示 平成19年国交告第593号には、 Aw 当該階の耐力壁のうち計算しようとする方向に設けたものの水平断面積(単位 平方ミリメートル) …

no image

RC小梁設計の時の注意点

最近S造の物件ばかりが続いていたのですが、久々にRC造をやってます。 小梁設計のときに見落としがちなのが、RC壁の重量も考慮すること。 伏図を見ていて、書かれていなくても、下の階に壁がついている場合が …

no image

構造的に無視しても良い開口の大きさ

この開口、構造的に無視してもいいんだっけ?っていう小さい開口、たまにありますよね。 どれぐらいまでならOKなのか。 黄色本p.318から一部抜粋します。(※ただし、開口補強は必要です。2010年版で改 …

柱の軸方向変形の考慮がよくわからない

普段、構造計算に使っている一貫計算ソフトは、マトリックス変位法が用いられています。 たわみ角法や、固定法では曲げ変形しか考慮できませんが、 マトリックス法では、曲げ変形、せん断変形、軸変形(軸方向の変 …

ブログ内検索

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク