まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC

月刊『建築技術』の特集 RC造

投稿日:2019年7月30日 更新日:

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』のRC造に関する特集号一覧です。

■RC

No. タイトル
1998 7 581 SRC造の耐震診断と耐震改修
2002 7 630 新世紀のRC構造を探る 超高層RC造の設計と技術
2003 3 638 円滑に進めるためのRC工事のポイント
2004 5 652 既存RC造建物の新しい耐震診断と補強
2005 3 662 RC工事の[常識]と[非常識]
2006 6 677 現場技術者のためのRC造のひび割れ防止対策
2008 8 703 第三者が検証可能なRC構造体の品質・性能評価方法
2009 3 710 RC造の耐震診断・耐震補強の基本知識
2010 11 730 RCの品質管理記録作成マニュアル
2011 3 734 [RC規準2010]改訂ポイント帖
2014 3 770 RC工事の「検査力」養成講座
2016 11 802 RC構造保有水平耐力計算規準を実務設計に活用する
2017 3 806 RC工事の合理化施工の心得―創ることは考えること-
2017 11 814 木造とRC造・S造の違いと混構造の可能性を探る
2018 2 817 RC工事における不易流行のテクノロジー
2018 5 820 壁式鉄筋コンクリート造(WRC造)の再発見

■鉄筋

No. タイトル
2000 3 601 鉄筋コンクリートの劣化と高耐久化
2003 12 647 はじめから見直す鉄筋工事のポイント
2010 5 724 失敗しないための「鉄筋工事のノウハウ」
2016 4 795 鉄筋工事のミスをなくす技術-配筋を納めるための肝所
2017 9 812 鉄筋継手の基本と実務を知る
2018 5 820 壁式鉄筋コンクリート造(WRC造)の再発見

■コンクリート

No. タイトル
1996 4 553 高流動コンクリートの基本と実際
1998 9 583 コンクリートの上手な打設
1999 5 591 コンクリートのひび割れと防止のポイント
2000 3 601 鉄筋コンクリートの劣化と高耐久化
2001 1 611 コンクリートの表現を活かす技術
2002 1 624 コンクリート工事の「常識」を問う
2004 3 650 ポンプ工法から見直す構造体コンクリートの品質
2007 3 686 高強度コンクリートの施工技術の現状
2007 10 693 上手につくる打放しコンクリート
2009 11 718 デザインと技術の「コンクリート感」
2012 10 753 こんなときどうする「コンクリート工事の現場力」
2013 11 766 構造体コンクリートのひび割れは低減できているのか
2018 5 820 壁式鉄筋コンクリート造(WRC造)の再発見

■JASS5

1997 5 566 「JASS5改定+関連指針」の早わかり
2009 4 711 改定JASS5の基本解説書
0
いいね! 0
読み込み中...





  

-RC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

耐震壁のせん断剛性低下率β

平19国交告第594号第2が出てから、 部材応力は弾性状態にあるものとして計算すること。になりました。 黄色本では、 長期及び短期の応力算定における原則は、鉄筋コンクリート造の部材の剛性をひび割れ前の …

no image

壁式RC造

≪壁式鉄筋コンクリート造 規準の変遷≫  ・1952年 鉄筋コンクリート壁式構造の設計規準  ・1965年 壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造設計規準  ・1982年 プレキャストの第一次改訂版  ・ …

断面算定結果がNG…どうする?

部材断面は余裕をもって設計するのが一番ですが、なかなかできない場合もありますよね。 そんなときの対処法をまとめておきます。 ①感覚と合っているか感じる(全体の設計方針とあっているか。骨組のバランスは? …

no image

RC梁貫通補強の比較表

各文献に書かれてある、梁貫通(スリーブ)補強の可能な径や位置などを表にまとめてみました。 塑性ヒンジ内に梁貫通補強を設けることは原則として認められていません。 塑性ヒンジ内に設けてしまうと、曲げ降伏後 …

no image

付着の検討が省略できる場合

RC規準2018年版において、「付着の検討が省略できる場合」についてまとめてみます。 長期荷重に対する梁の通し筋の付着応力度の検討が不要となる場合 ・長期荷重を受ける梁で通し配筋としている場合‥両端と …

ブログ内検索

2019年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク