まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC

RC小梁設計の時の注意点

投稿日:

最近S造の物件ばかりが続いていたのですが、久々にRC造をやってます。

小梁設計のときに見落としがちなのが、RC壁の重量も考慮すること。
伏図を見ていて、書かれていなくても、下の階に壁がついている場合があります。
これはうっかり見落とさないようにしないとですね^^;

逆にしっかしした壁が下の階まで続いてて、その上に小梁があるような場合は、
耐震壁の枠梁と同じような状態ですので、小梁の断面算定自体省略するかってことになります。

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-RC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

壁式RC造

≪壁式鉄筋コンクリート造 規準の変遷≫  ・1952年 鉄筋コンクリート壁式構造の設計規準  ・1965年 壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造設計規準  ・1982年 プレキャストの第一次改訂版  ・ …

no image

構造的に無視しても良い開口の大きさ

この開口、構造的に無視してもいいんだっけ?っていう小さい開口、たまにありますよね。 どれぐらいまでならOKなのか。 黄色本p.318から一部抜粋します。(※ただし、開口補強は必要です。2010年版で改 …

断面算定結果がNG…どうする?

部材断面は余裕をもって設計するのが一番ですが、なかなかできない場合もありますよね。 そんなときの対処法をまとめておきます。 ①感覚と合っているか感じる(全体の設計方針とあっているか。骨組のバランスは? …

RCの躯体開口寸法の取り方

RCの伏図・軸組図の開口寸法を書くときどうしてますか? 意匠図のサッシの有効開口寸法そのままで、躯体開口寸法書いてないですよね?   一般的に、 開口の上・左右 … サッシ寸法+55~60m …

no image

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力の考え方が、2017年版のRC改修指針に記載されていますよね。   ここで、既存壁単独のせん断耐力が必要なのですが、どうやって求めるか、考えてみました。 …

ブログ内検索

2018年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク