まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC

付着と定着

投稿日:

RC規準では、
・付着及び継手に関しては
 長期+短期+安全性確保の検討が必要

・定着に関しては
 安全性の確保のみが要求されている。

異形鉄筋の場合、付着の破壊は付着割裂破壊となる。
これは、鉄筋がコンクリートから滑り出るのではなく、コンクリートが割裂かれるメカニズムである。
コンクリートには、鉄筋の円周方向に引張応力(リングテンション)が発生する。
この応力がコンクリートの引張耐力に達するとひび割れが発生する。

付着検定断面
・スパン内で最大曲げモーメントとなる断面
・スパン内で減じられる鉄筋(カットオフ筋)が計算上不要となる断面

・曲げ付着応力度
 部材断面のモーメント勾配による釣合から求められる。微小区間での検討。

・平均付着応力度
 ひび割れ範囲を除いた有効付着長さにおける平均的な付着応力度

安全性確保のための付着割裂破壊の検討は
平均付着応力度による。
ここでは、付着割裂の基準となる強度に、割増係数K(上限2.5)を乗じる。

1+





-RC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

クレーンの最大車輪圧

クレーンのある建物の構造設計ってめんどくさい! でも、やる度に設計方法の改善点が見つかり、それが面白くもあります^^ 「クレーン付き建物の構造設計指針」みたいなのができたら、ある意味らくなんでしょうけ …

no image

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力の考え方が、2017年版のRC改修指針に記載されていますよね。   ここで、既存壁単独のせん断耐力が必要なのですが、どうやって求めるか、考えてみました。 …

コンクリートのひび割れを抑える方法

コンクリートにはひび割れがつきものです。 ひび割れたら何が困るのかというと、見た目に美しくないだけでなく、 「水が入ってしまう」のです。   水が入るとどうなるのか、鉄筋コンクリートにはその …

no image

RC小梁設計の時の注意点

最近S造の物件ばかりが続いていたのですが、久々にRC造をやってます。 小梁設計のときに見落としがちなのが、RC壁の重量も考慮すること。 伏図を見ていて、書かれていなくても、下の階に壁がついている場合が …

no image

壁式RC造

≪壁式鉄筋コンクリート造 規準の変遷≫  ・1952年 鉄筋コンクリート壁式構造の設計規準  ・1965年 壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造設計規準  ・1982年 プレキャストの第一次改訂版  ・ …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事