Press "Enter" to skip to content

付着と定着

RC規準では、
・付着及び継手に関しては
 長期+短期+安全性確保の検討が必要

・定着に関しては
 安全性の確保のみが要求されている。

異形鉄筋の場合、付着の破壊は付着割裂破壊となる。
これは、鉄筋がコンクリートから滑り出るのではなく、コンクリートが割裂かれるメカニズムである。
コンクリートには、鉄筋の円周方向に引張応力(リングテンション)が発生する。
この応力がコンクリートの引張耐力に達するとひび割れが発生する。

付着検定断面
・スパン内で最大曲げモーメントとなる断面
・スパン内で減じられる鉄筋(カットオフ筋)が計算上不要となる断面

・曲げ付着応力度
 部材断面のモーメント勾配による釣合から求められる。微小区間での検討。

・平均付着応力度
 ひび割れ範囲を除いた有効付着長さにおける平均的な付着応力度

安全性確保のための付着割裂破壊の検討は
平均付着応力度による。
ここでは、付着割裂の基準となる強度に、割増係数K(上限2.5)を乗じる。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。