まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC

付着と定着

投稿日:

RC規準では、
・付着及び継手に関しては
 長期+短期+安全性確保の検討が必要

・定着に関しては
 安全性の確保のみが要求されている。

異形鉄筋の場合、付着の破壊は付着割裂破壊となる。
これは、鉄筋がコンクリートから滑り出るのではなく、コンクリートが割裂かれるメカニズムである。
コンクリートには、鉄筋の円周方向に引張応力(リングテンション)が発生する。
この応力がコンクリートの引張耐力に達するとひび割れが発生する。

付着検定断面
・スパン内で最大曲げモーメントとなる断面
・スパン内で減じられる鉄筋(カットオフ筋)が計算上不要となる断面

・曲げ付着応力度
 部材断面のモーメント勾配による釣合から求められる。微小区間での検討。

・平均付着応力度
 ひび割れ範囲を除いた有効付着長さにおける平均的な付着応力度

安全性確保のための付着割裂破壊の検討は
平均付着応力度による。
ここでは、付着割裂の基準となる強度に、割増係数K(上限2.5)を乗じる。

1+





-RC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

RCの躯体開口寸法の取り方

RCの伏図・軸組図の開口寸法を書くときどうしてますか? 意匠図のサッシの有効開口寸法そのままで、躯体開口寸法書いてないですよね?   一般的に、 開口の上・左右 … サッシ寸法+55~60m …

no image

耐震壁のせん断剛性低下率β

平19国交告第594号第2が出てから、 部材応力は弾性状態にあるものとして計算すること。になりました。 黄色本では、 長期及び短期の応力算定における原則は、鉄筋コンクリート造の部材の剛性をひび割れ前の …

no image

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力の考え方が、2017年版のRC改修指針に記載されていますよね。   ここで、既存壁単独のせん断耐力が必要なのですが、どうやって求めるか、考えてみました。 …

no image

RC柱梁接合部の保証設計

柱梁接合部の(せん断)保証設計ってなかなか余裕度を確保するのが難しいですよね^^;(僕だけでしょうか…) 柱はそのままで、梁を変更した場合どうなるのか、検証してみたいと思います(`・ω・´) ①梁主筋 …

柱の軸方向変形の考慮がよくわからない

普段、構造計算に使っている一貫計算ソフトは、マトリックス変位法が用いられています。 たわみ角法や、固定法では曲げ変形しか考慮できませんが、 マトリックス法では、曲げ変形、せん断変形、軸変形(軸方向の変 …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事