まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC

壁式RC造

投稿日:

≪壁式鉄筋コンクリート造 規準の変遷≫

 ・1952年 鉄筋コンクリート壁式構造の設計規準
 ・1965年 壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造設計規準
 ・1982年 プレキャストの第一次改訂版
 ・1989年 壁式鉄筋コンクリート造計算規準(案)
 ・1997年 同計算規準  階高制限の緩和、整形性制限の緩和、地震地域係数やコンクリート設計基準強度の上昇による壁量の低減を平13年国土交通省告示第1026号に先立ち可能とした。
・2001年 壁式鉄筋コンクリート造の技術基準(昭和58年建告第1319号)が平13国交省告示第1026号として改正
・2015年 壁式鉄筋コンクリート造設計・計算規準  設計規準、計算規準ならびに「壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造設計規準・同解説」を設計・計算規準としてまとめ、かつ新たに保有水平耐力計算や付着・継手・定着の計算方法を規定したもの。 学会規準による構造性能は、告示の規定によるものと同等以上を有している。
0
いいね! 0
読み込み中...





  

-RC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

RC造のAwに算入できる耐力壁

RC造ルート1、2-1、2-2においてAwに算入できる耐力壁 告示 平成19年国交告第593号には、 Aw 当該階の耐力壁のうち計算しようとする方向に設けたものの水平断面積(単位 平方ミリメートル) …

たわみが大きい…どうする?

夏ですね。 音だけが聞こえてくる花火大会ほど嫌なものはありません! 一緒に見に行く人がほしい^^; そんな話はおいといて、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 部材を設計 …

no image

付着の検討が省略できる場合

RC規準2018年版において、「付着の検討が省略できる場合」についてまとめてみます。 長期荷重に対する梁の通し筋の付着応力度の検討が不要となる場合 ・長期荷重を受ける梁で通し配筋としている場合‥両端と …

no image

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力の考え方が、2017年版のRC改修指針に記載されていますよね。   ここで、既存壁単独のせん断耐力が必要なのですが、どうやって求めるか、考えてみました。 …

no image

集合住宅の床衝撃音

集合住宅の上下階の騒音問題って結構あるんですかね。 ついこないだ、アパートで騒音問題がらみの殺人事件もありました。 (私も一時期集合住宅に住んでいたことはありますが、音を気にしたことはありません。たま …

ブログ内検索

2017年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク