まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC 診断・補強

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力

投稿日:2017年11月7日 更新日:

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力の考え方が、2017年版のRC改修指針に記載されていますよね。

 

ここで、既存壁単独のせん断耐力が必要なのですが、どうやって求めるか、考えてみました。

①増設壁を含めてRC診断2001で診断。連続する壁のQuが求まる。

②SS3で増設壁を削除し、そのまま診断。既存壁単独のQuが求まる。(この時、付加軸力の更新をしないで診断を回せば、増設壁がついた状態での付加軸力を考慮できることになりますね。)

③別途、既存壁と増設壁が連続する場合のQuを算出する。(既存壁の耐力は②を用いる)

④ ①と③のQuの小さい方をせん断耐力に採用する。

 

これでOKですかね。

他にも方法はあるかと思いますが、私が思いついた手順はこれです^^

ご参考まで。

 

0





-RC, 診断・補強

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

RC梁貫通補強の比較表

各文献に書かれてある、梁貫通(スリーブ)補強の可能な径や位置などを表にまとめてみました。 塑性ヒンジ内に梁貫通補強を設けることは原則として認められていません。 塑性ヒンジ内に設けてしまうと、曲げ降伏後 …

コンクリートのひび割れを抑える方法

コンクリートにはひび割れがつきものです。 ひび割れたら何が困るのかというと、見た目に美しくないだけでなく、 「水が入ってしまう」のです。   水が入るとどうなるのか、鉄筋コンクリートにはその …

no image

あと施工アンカーを用いた増設壁は一体とみなせるか

増設壁のせん断耐力計算がわからなくなってきました…^^; 頭の中を整理するためにメモします。 以下、学校施設の耐震補強マニュアル(以下「学校マニュアル」)p.86を参考に。 —&#8212 …

減築による改修事例

最近減築を伴う改修事例が多くなってきました。。 減築、増築、耐震補強、用途変更と…どんどん仕事内容がややこしくなってる気が^^; これ建て替えしたほうが安くなるんじゃ…って思うようなものもありますが、 …

no image

天井の耐震化

音楽ホールなどの複雑で重量のある天井耐震化のキーワード ・準構造化 ・設計用震度の設定 ・天井ボードと下地鉄骨の接合部は、ボルト留めなどとし、揺れないように剛性を持たせる。  「アングルクランプ」が便 …

ブログ内検索

最近のトピック

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事