まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC 診断・補強

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力

投稿日:2017年11月7日 更新日:

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力の考え方が、2017年版のRC改修指針に記載されていますよね。

 

ここで、既存壁単独のせん断耐力が必要なのですが、どうやって求めるか、考えてみました。

①増設壁を含めてRC診断2001で診断。連続する壁のQuが求まる。

②SS3で増設壁を削除し、そのまま診断。既存壁単独のQuが求まる。(この時、付加軸力の更新をしないで診断を回せば、増設壁がついた状態での付加軸力を考慮できることになりますね。)

③別途、既存壁と増設壁が連続する場合のQuを算出する。(既存壁の耐力は②を用いる)

④ ①と③のQuの小さい方をせん断耐力に採用する。

 

これでOKですかね。

他にも方法はあるかと思いますが、私が思いついた手順はこれです^^

ご参考まで。

 

0





-RC, 診断・補強

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

RC小梁設計の時の注意点

最近S造の物件ばかりが続いていたのですが、久々にRC造をやってます。 小梁設計のときに見落としがちなのが、RC壁の重量も考慮すること。 伏図を見ていて、書かれていなくても、下の階に壁がついている場合が …

no image

あと施工アンカーのまとめ

あと施工アンカー(接着系アンカー)について、いつも「あれ何dだっけ?」ってなるので、まとめてみました。 こういう比較表作って眺めるの、大好きなんですよ(震え声) 各種合成構造設計指針と、診断指針、外側 …

柱の軸方向変形の考慮がよくわからない

普段、構造計算に使っている一貫計算ソフトは、マトリックス変位法が用いられています。 たわみ角法や、固定法では曲げ変形しか考慮できませんが、 マトリックス法では、曲げ変形、せん断変形、軸変形(軸方向の変 …

no image

構造的に無視しても良い開口の大きさ

この開口、構造的に無視してもいいんだっけ?っていう小さい開口、たまにありますよね。 どれぐらいまでならOKなのか。 黄色本p.318から一部抜粋します。 開口部を設けない場合と同等以上の剛性、耐力を有 …

no image

あと施工アンカーを用いた増設壁は一体とみなせるか

増設壁のせん断耐力計算がわからなくなってきました…^^; 頭の中を整理するためにメモします。 以下、学校施設の耐震補強マニュアル(以下「学校マニュアル」)p.86を参考に。 —&#8212 …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事