Press "Enter" to skip to content

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力

Last updated on 2017年11月8日

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力の考え方が、2017年版のRC改修指針に記載されていますよね。

 

ここで、既存壁単独のせん断耐力が必要なのですが、どうやって求めるか、考えてみました。

①増設壁を含めてRC診断2001で診断。連続する壁のQuが求まる。

②SS3で増設壁を削除し、そのまま診断。既存壁単独のQuが求まる。(この時、付加軸力の更新をしないで診断を回せば、増設壁がついた状態での付加軸力を考慮できることになりますね。)

③別途、既存壁と増設壁が連続する場合のQuを算出する。(既存壁の耐力は②を用いる)

④ ①と③のQuの小さい方をせん断耐力に採用する。

 

これでOKですかね。

他にも方法はあるかと思いますが、私が思いついた手順はこれです^^

ご参考まで。

 

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。