まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC

耐震壁のせん断剛性低下率β

投稿日:2017年9月26日 更新日:

平19国交告第594号第2が出てから、
部材応力は弾性状態にあるものとして計算すること。になりました。

黄色本では、

長期及び短期の応力算定における原則は、鉄筋コンクリート造の部材の剛性をひび割れ前の初期剛性とする。ただし…

と書かれており、原則、剛性低下率βを考慮しないことになりました。

この告示が出る前は、耐震壁の剛性低下率に関する規定がなかったため、
設計者が適当な、いや、適切に値を設定して計算することが多かったそうです。

しかし、耐震壁にβを考慮するのは決して悪いことではないようです。

現在は、「剛接架構の応力割増し」が告示に規定されていますが、
これがなかった頃は、βを考慮しないと、地震力のほとんどを耐震壁が負担し、
ラーメン部分がほとんど負担しない計算になってしまうんですね。

なので、

ラーメン部分の分担率が30%程度以上になるようにβを0.2や0.15などにして応力計算をし、

偏心率の計算の時には、危険側にならないようにβ=1.0とする。などの工夫がされていたようです。

 

ところで、このβ。

どれぐらいの数値が適切なんでしょうかね^^;

構造一級建築士の平成20年度の問題に、この剛性低下率に関する問題が出ています。

その解答例によると…

剛性低下率0.2の設定は壁においてはほとんど終局強度近傍の数値であり、一次設計の解析に適用することは適切とはいえない。壁のせん断応力度の数値より低下率は適切に設定しなければならない。

とあります。

せん断応力度の数値より適切に設定…このあたりは、古いRC規準などをあたってみる必要がありそうです^^;

 

【参考サイト】
過去の会議議事録
建築基準法等専用掲示板

耐震壁のせん断剛性低下率について

BUS-2.5 Q&A

 

0





-RC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力の考え方が、2017年版のRC改修指針に記載されていますよね。   ここで、既存壁単独のせん断耐力が必要なのですが、どうやって求めるか、考えてみました。 …

たわみが大きい…どうする?

夏ですね。 音だけが聞こえてくる花火大会ほど嫌なものはありません! 一緒に見に行く人がほしい^^; そんな話はおいといて、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 部材を設計 …

柱の軸方向変形の考慮がよくわからない

普段、構造計算に使っている一貫計算ソフトは、マトリックス変位法が用いられています。 たわみ角法や、固定法では曲げ変形しか考慮できませんが、 マトリックス法では、曲げ変形、せん断変形、軸変形(軸方向の変 …

no image

壁式RC造

≪壁式鉄筋コンクリート造 規準の変遷≫  ・1952年 鉄筋コンクリート壁式構造の設計規準  ・1965年 壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造設計規準  ・1982年 プレキャストの第一次改訂版  ・ …

no image

クレーンの最大車輪圧

クレーンのある建物の構造設計ってめんどくさい! でも、やる度に設計方法の改善点が見つかり、それが面白くもあります^^ 「クレーン付き建物の構造設計指針」みたいなのができたら、ある意味らくなんでしょうけ …