まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC

RCの躯体開口寸法の取り方

投稿日:

RCの伏図・軸組図の開口寸法を書くときどうしてますか?

意匠図のサッシの有効開口寸法そのままで、躯体開口寸法書いてないですよね?

 

一般的に、

開口の上・左右 … サッシ寸法+55~60mm

開口の下 … サッシ寸法+100mm

程度で書いていると思います☝

 

昔は、RCの型枠精度が現在ほど良くなく、モルタル塗り仕上げがほとんどだったので、

サッシ寸法+65mmとかそれ以上とっていたそうです。

どうせモルタル塗り仕上げするので、サッシと躯体のあきをモルタルで詰めるのが、それほど手間ではなかったそうです。

 

現在は、モルタル塗り仕上げではなく、増し打ち仕上げ、つまり躯体は打ちっぱなしであることが多いので、

サッシが取りつけ可能な最小のあき寸法を確保するのが一般的です。

なので、50mmでも可能です(業者によって指定される場合もあるそうですが)。

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-RC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

柱の軸方向変形の考慮がよくわからない

普段、構造計算に使っている一貫計算ソフトは、マトリックス変位法が用いられています。 たわみ角法や、固定法では曲げ変形しか考慮できませんが、 マトリックス法では、曲げ変形、せん断変形、軸変形(軸方向の変 …

no image

壁式RC造

≪壁式鉄筋コンクリート造 規準の変遷≫  ・1952年 鉄筋コンクリート壁式構造の設計規準  ・1965年 壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造設計規準  ・1982年 プレキャストの第一次改訂版  ・ …

no image

RC小梁設計の時の注意点

最近S造の物件ばかりが続いていたのですが、久々にRC造をやってます。 小梁設計のときに見落としがちなのが、RC壁の重量も考慮すること。 伏図を見ていて、書かれていなくても、下の階に壁がついている場合が …

no image

付着と定着

RC規準では、 ・付着及び継手に関しては  長期+短期+安全性確保の検討が必要 ・定着に関しては  安全性の確保のみが要求されている。 異形鉄筋の場合、付着の破壊は付着割裂破壊となる。 これは、鉄筋が …

no image

月刊『建築技術』の特集 RC造

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』のRC造に関する特集号一覧です。 ■RC 年 月 No. タイトル 1998 7 581 SRC造の耐震診断と耐震改修 2002 7 630 新世紀の …

ブログ内検索

2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク