まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC

柱の軸方向変形の考慮がよくわからない

投稿日:2017年4月12日 更新日:

普段、構造計算に使っている一貫計算ソフトは、マトリックス変位法が用いられています。

たわみ角法や、固定法では曲げ変形しか考慮できませんが、

マトリックス法では、曲げ変形せん断変形軸変形(軸方向の変形)を考慮することができます。

 

ただ、RCの柱の長期荷重による軸変形は、通常考慮しません。

その理由は、鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説2010(以下、RC規準2010と呼ぶ)にこう書かれています。

柱部材では、一般にRC造建物は1層ずつ打設され、躯体重量に対する軸方向変形は、1層ずつ不陸を修正しつつ施工されるので、長期荷重に対する解析では、軸方向力による変形を無視することができる。一方、水平荷重に対する解析では、……

なるほど、長期荷重による変形は施工時に一層ずつ済んじゃってるから、考慮しなくていいんですね。

でも、積載荷重って施工時には大してかかってないですよね…細かいこと言うなって?(^^;

 

では、軸変形を考慮すべき場合とは…?

柱の軸変形を考慮すべき場合

①高層部に低層部等が取り付く場合

高層建物等で軸剛性の異なる柱が並存する場合には、施工の段階で徐々に軸変形が増加し、柱間に軸変形の差が表れ、取り付く梁や床に比較的大きな部材角が発生する可能性がある。特に高層部に低層部等が取り付く場合には、高層部の柱の軸変形が施工につれて増加し、低層部との接続部の床、梁に支障を生じる可能性がある。この軸変形には……

(出典:RC規準2010)

これ、特に高層部に低層部等が取り付く場合は、図も書かれているので理解しやすいんですが、

高層建物等で軸剛性の異なる柱が並存する場合、って分かったようで分からないんです。。

だって、「1層ずつ不陸を修正しつつ施工されるので、長期荷重に対する解析では、軸方向力による変形を無視することができる」って言ってたんですよ。

これ、軸剛性が異なる柱が並存していたとしても、施工時に不陸が修正されるから軸変形無視していいんじゃないの?って思うんですけど、どうなんでしょう^^;

そんなこと言ってられないぐらい超高層の場合ってことですか?私にはわかりません…

 

独立柱と直交方向に耐震壁がついている柱が隣り合っているラーメンがあり、柱の軸変形を考慮したとすると、

独立柱よりも、耐震壁がついている柱のほうが軸変形が小さくなるので、こっちの上端で梁の負曲げが大きく吊り上がります。

こういうのが高層になった場合に軸変形を考慮しようってことかな?

 

 

②上下階に連続しない柱を設ける場合

上下階に連続しない柱では、梁の剛性や床荷重の大小により、柱の長期時応力が異なってくる。

 

結局、

こういう場合は「無視することができる」っていうことなので、積載荷重が後からかかることを考えたら、

長期荷重時も、軸変形を考慮するに越したことはないってことでしょうかね^^;

 

(参考文献)

・「鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説2010」、日本建築学会

・「大阪府構造計算適合性判定 指摘事例集 -よくある指摘事例とその解説ー 2016年版、大阪府

 

0





-RC

執筆者:


  1. […] インターネットで「軸変形の考慮」で検索してみると、 上位に以下の記事がヒットしました。 【まちの構造屋さん】柱の軸方向変形の考慮がよくわからない […]

    0

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力の考え方が、2017年版のRC改修指針に記載されていますよね。   ここで、既存壁単独のせん断耐力が必要なのですが、どうやって求めるか、考えてみました。 …

no image

付着と定着

RC規準では、 ・付着及び継手に関しては  長期+短期+安全性確保の検討が必要 ・定着に関しては  安全性の確保のみが要求されている。 異形鉄筋の場合、付着の破壊は付着割裂破壊となる。 これは、鉄筋が …

no image

RC造のAwに算入できる耐力壁

RC造ルート1、2-1、2-2においてAwに算入できる耐力壁 告示 平成19年国交告第593号には、 Aw 当該階の耐力壁のうち計算しようとする方向に設けたものの水平断面積(単位 平方ミリメートル) …

no image

RC小梁設計の時の注意点

最近S造の物件ばかりが続いていたのですが、久々にRC造をやってます。 小梁設計のときに見落としがちなのが、RC壁の重量も考慮すること。 伏図を見ていて、書かれていなくても、下の階に壁がついている場合が …

たわみが大きい…どうする?

夏ですね。 音だけが聞こえてくる花火大会ほど嫌なものはありません! 一緒に見に行く人がほしい^^; そんな話はおいといて、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 部材を設計 …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事