まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

2×4 の×は なぜby(バイ)と読むのか

投稿日:2020年5月18日 更新日:

断面寸法が2インチ×4インチの部材を主に用いる2×4(ツーバイフォー)工法。

なぜ × を by っていうのかを小一時間調べても確信が持てなかったので、日本で英語の先生をされているアメリカ人の友達Jさんに教えてもらいました^^

two by four の by は、「掛ける, 乗算する」という意味の「 multiplied by 」の by なんだそうです。

A × B は A by B って略して読まれるそうですね。

例えば、四角なら2 by 2 square という。

一方、

A / B は、A divided by B なのですが、これは、A by B とは呼ばないそうです。(少なくともJさんは使ったことがないそうです)
A over B とか、A into B が正しい読み方。

2 / 4 なら two fourth とか 2 over 4 、2 into 4 と読む。

ちなみに、確率なら
100:1 = 100 to 1 と読むのだそうです。

Jさん、ありがとう^^

↓こちらのサイトでもいろいろ分かりやすく書かれていました。
話す英語。暮らす英語。

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

設備機器の重量

工場や病院には、屋上に設備機器が乗っかったりしますが、 その重量の目安を知っておくと便利です。 設備屋さんからの情報を待っていると結構時間がかかりますからね^^; 設備機器の重量の目安(基礎は含まない …

no image

月刊『建築技術』の特集 基礎

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』の基礎に関する特集号一覧です。 ■基礎 年 月 No. タイトル 1997 3 564 建築基礎設計法の現状と将来展望 1999 2 588 住宅基礎 …

アスベストはどこに使用されていたか

改修工事や解体工事で問題となるアスベスト。 アスベストというと鉄骨造の耐火被覆・断熱材というイメージが強いですが、その他にもいろいろ使われていたようですね。 概要 石綿の繊維1本は直径0.02-0.3 …

no image

デッキスラブ等の設計・施工に関する資料

■JFE建材…QLデッキ、QLルーフなど 床商品 JFE建材 福床会 QLデッキ設計マニュアル 施工マニュアル   ■日鉄デッキプレート…スーパーEデッキ、キーストンプレートなど 資料ダウン …

no image

鉄骨造の柱の防火被覆について

鉄骨は不燃材料であり、木材のように燃えて灰になることはありませんが、 火災により温度が上昇すると、耐力が減少してしまいます。 一般的には600℃で耐力が半分になります。 鉄骨造3階建て以上の建物は、柱 …

ブログ内検索

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク