まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

イソコルブ

投稿日:

鉄筋コンクリートの打放しを丁寧に外断熱にしたところで、バルコニーが熱橋になるんですね。

そんなバルコニーの熱橋も解消してしまおうという商品が「isokorb(イソコルブ)」。イソゴルフではありませんよ。

環境先進国であるドイツのショック社が開発した製品のようです。

イソコルブは耐荷重性のある構造熱橋防止システムです。バルコニー等と室内スラブとの間に生じる熱の移動(熱橋・ヒートブリッジ)を防ぎながら、バルコニー等の荷重により生じる応力を建物本体に伝達します。

 

イソコルブと聞いて、なんか聞き覚えがあるなと思ったのですが‥‥isowand(イソバンド)でした^^;

イソバンド®は日鉄住金鋼板株式会社が開発した断熱性と遮音性に優れた金属断熱サンドイッチパネル。鋼板と芯材のサンドイッチ構造が軽量で強度のある遮音断熱パネルを実現しました。

 

ちなみに、イソバンドって言ったってなぁ‥‥磯で集まって演奏するバンドってわけじゃ ねーんだよ ねーんだよ ねーんだよぉ(嘉門達夫風)

イソバンドとは、ドイツ語のISO-LIERTE(断熱)とWAND(壁)からとった造語だそうです。其の他にも、イソダッハと言った屋根材があって、これも同じくISO-LIERTE(断熱)とDACH(屋根)を表現する造語です。

イソバンドって何?より)

 

ドイツ語からの造語だったんですね。
ということは、イソコルブは‥‥korbはドイツ語で「かご」なので、iso-lierte+korb=「断熱かご」っていう意味になりますね。

しかし、バルコニーの支持耐力上最も重要な元端部に入れてしまうという大胆さ、ショックです。

1+
いいね! 0
読み込み中...





  

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ボーリング、SWS試験の手順

標準貫入試験(ボーリング)の手順って、教科書や参考書には 簡単に書かれていますが、これだけで実際やってみろっていわれてもできないですよね。 例えば「30cm貫入するのに必要な落下回数がN値」と言われて …

圧密沈下の検討

「小規模建築物基礎設計指針」による圧密沈下の検討手順のざっくりメモです。 小規模指針では、沈下の検討として圧密沈下の検討が記載されています。P.79より 1.直接基礎の沈下量は、圧密沈下量の計算によっ …

no image

いろいろな重量

■胴縁 ・C-100×50×2.3 :4.06kg/m → 40N/m @455 :40×1000/455=87.9N/㎡ → 100N/㎡ =0.1kN/㎡ (平米10キロ) ・ 0

no image

JavaScriptのプログラム

JavaScriptで書かれたプログラムをサイト上から利用できないか試行錯誤してましたが、 やっとできました^^ テストとして、ネット上で公開されていたJavaScriptのゲームをアップロードしまし …

no image

月刊『建築技術』の特集 接合部その他

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』の接合部その他に関する特集号一覧です。 ■接合部 年 月 No. タイトル 1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して 2002 9 632 …

ブログ内検索

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク