まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

著作物を引用・転載する場合の注意点

投稿日:2020年5月6日 更新日:

外出が自粛されてますので、ネットを使う時間が増えています。

当ブログは備忘録の目的で始めたものですが、規準書等から度々引用して書いてますので、著作権侵害には気をつけないといけないですね。
(当ブログを見に来てくださる方って、めちゃくちゃ限られてると思うんです。いや、だからといって著作権侵害をするわけにはいきませんよ^^;)

今一度確認しておかなければと思って、ネットで検索したところ、↓のサイトで分かりやすく解説されていました。

著作権侵害をしない!ブログでの正しい引用と転載の方法&画像の利用方法

出典、引用、参照、参考、そして転載。 微妙に意味が違うんですね。

「転載」は一部ではなく大部分を載せること。「引用」はルールを守れば著作者の許可は不要ですが、「転載」は許可が必要です。

ただし、

  • 公共機関が一般公開している資料、行政の広報資料
  • 新聞の論説(新聞や雑誌に掲載された「論説」や「時事問題」で学術的でない(研究などではない)もの)
  • 政治上の演説、裁判での陳述

などは、出典を明示すれば著作者の許可を得ずに「転載」することが可能なようです。

新聞や雑誌の論説というと、著作者の価値観で「この人、これこれは〇〇だと思う。〇〇すべきだと考える。」っていう感じの文章でしょうね。これは「転載」が可能なんですね。学術的でない というのは判断が難しいものもありそうですけど^^;

 

一方、「引用」は一部分を載せること。「引用」する際は、「引用」部分が自分の文章と明確に区分されていること。「引用」元を明記すること。などは当たり前に感じますが、気を付けないといけないなと思ったのは、自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。

文章における「量」および「質(内容)」において、自分の文章がメインになっていること。これが逆転しているとただのパクリになってしまう、つまり著作権侵害となってしまいます^^;

 

 

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

屋上設備荷重などの考慮

屋上に設備機器を置く場合、 機器の基礎を押えコンの上に150mmのべた基礎を作ったり、500mm角×高さ500mmぐらいの基礎を作ったりしますよね。 その荷重をどう考慮するかですが、 小梁の上にきれい …

特定天井の技術基準

稀に特定天井に関する仕事をいただくのですが、間が空きすぎて忘れてしまうので、簡単にまとめておきます^^; 平成13年の芸予地震、平成15年の十勝沖地震、平成17年の宮城県沖地震、そして平成23年の東日 …

no image

防・耐火関係の資料

・日本窯業外装材協会 https://www.nyg.gr.jp/toha/bouka.html ・法改正の主要構造部規制の見直しについて https://www.bureauveritas.jp/n …

no image

住宅設計のための伏図チェックマニュアル

パナホームで有名なパナソニックのサイト「すむすむ」がなかなか良くできています。 住宅設計のための伏図チェックマニュアルは、 出典である「安全な構造の伏図の書き方」のブラウザ版ともいうべき内容になってい …

no image

JavaScriptのプログラム

JavaScriptで書かれたプログラムをサイト上から利用できないか試行錯誤してましたが、 やっとできました^^ テストとして、ネット上で公開されていたJavaScriptのゲームをアップロードしまし …

ブログ内検索

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク