まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

著作物を引用・転載する場合の注意点

投稿日:2020年5月6日 更新日:

外出が自粛されてますので、ネットを使う時間が増えています。

当ブログは備忘録の目的で始めたものですが、規準書等から度々引用して書いてますので、著作権侵害には気をつけないといけないですね。
(当ブログを見に来てくださる方って、めちゃくちゃ限られてると思うんです。いや、だからといって著作権侵害をするわけにはいきませんよ^^;)

今一度確認しておかなければと思って、ネットで検索したところ、↓のサイトで分かりやすく解説されていました。

著作権侵害をしない!ブログでの正しい引用と転載の方法&画像の利用方法

出典、引用、参照、参考、そして転載。 微妙に意味が違うんですね。

「転載」は一部ではなく大部分を載せること。「引用」はルールを守れば著作者の許可は不要ですが、「転載」は許可が必要です。

ただし、

  • 公共機関が一般公開している資料、行政の広報資料
  • 新聞の論説(新聞や雑誌に掲載された「論説」や「時事問題」で学術的でない(研究などではない)もの)
  • 政治上の演説、裁判での陳述

などは、出典を明示すれば著作者の許可を得ずに「転載」することが可能なようです。

新聞や雑誌の論説というと、著作者の価値観で「この人、これこれは〇〇だと思う。〇〇すべきだと考える。」っていう感じの文章でしょうね。これは「転載」が可能なんですね。学術的でない というのは判断が難しいものもありそうですけど^^;

 

一方、「引用」は一部分を載せること。「引用」する際は、「引用」部分が自分の文章と明確に区分されていること。「引用」元を明記すること。などは当たり前に感じますが、気を付けないといけないなと思ったのは、自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。

文章における「量」および「質(内容)」において、自分の文章がメインになっていること。これが逆転しているとただのパクリになってしまう、つまり著作権侵害となってしまいます^^;

 

 

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

確認申請を必要とする建築物・工作物・建築設備

確認申請を必要とする建築物・工作物・建築設備 http://www.city.susono.shizuoka.jp/machizukuri/2/5/3043.html ↑こちらは詳細に書かれています。 …

no image

建築構造設計とは?

Aさん「お仕事は何をされてますか?」 と聞かれたとき、構造設計者の皆さんはどう答えられていますか?   僕は、こんな風に言ってます。 僕「建築設計です。といっても、構造設計というものをしてま …

no image

図面の消し込みチェックは〇〇色鉛筆で

担当物件の図面アップが近づいてきました。 構造図の間違いがないか、伏図と軸組図で齟齬がないか、チェックしたところを 塗っていく「消し込みチェック」をしています。 長い間、消し込みチェックには蛍光ペンを …

no image

保有水平耐力を上げる方法

■RC造 ・指定層間変形角以前にヒンジが生じている部材の主筋を増やす。 せん断保証設計に注意。柱なら引張鉄筋比に注意。 ・断面を大きくする。 どの階のどの節点で指定層間変形角になっているか確認する。 …

「有効数字3桁で表す」とは

数学では√3は√3と答えを書きますが、 工学では、その数値をもとに判断したり、ものを作ったりするので必ず有効少数で表します。 なので、√3=1.73205…ですが、 有効数字3桁または4桁ぐらいで、√ …

ブログ内検索

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク