まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

診断・補強

2017年改訂版 RC診断・改修指針のQ&A

投稿日:

2017年改訂版 RC診断・改修指針のQ&A

http://www.kenchiku-bosai.or.jp/files/2018/12/2017rc_qa.pdf

 

フレーム外袖壁の扱いが明記されていますね。
片持梁が付いていない場合は、雑壁扱い。
片持梁が付いている場合は、袖壁付き柱。

この辺は、まだ各評定委員会毎に扱いが統一されていないかもしれませんね。

新築の計算の場合も、意見がいろいろ分かれています。
規準書等に明記されるまでは、状況により程度を考えて判断するしかなさそうです。

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-診断・補強

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2017年改訂版 既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震改修設計指針 同解説 が出版されました。

2017年版が発売されましたね。 私は早速、買いましたよ!(自腹で…) ちらっと読んでみた収穫としては、 ・袖壁付き柱の耐力式が変わったようです。 ・完全塑性理論による曲げ耐力の式がなくなったのかな? …

no image

RC耐震補強の壁厚などの構造規定

以下、防災協の改修指針より。 〇増設耐震壁による補強 ・壁厚‥柱幅の1/4以上かつ15cm以上で、梁幅以下 ・鉄筋‥せん断補強筋比は0.25%以上1.2%以下、壁厚が18cm以上の場合にはダブル配 …

木造住宅等の耐震診断

■木造住宅の耐震基準の変遷 ・1981年5月以前:旧耐震基準 ・1981年6月以降:新耐震基準  必要壁量が旧耐震基準の1.2~1.4倍になった。(1959年12月以前は、さらに必要壁量が少なかった) …

no image

あと施工アンカーのまとめ

あと施工アンカー(接着系アンカー)について、いつも「あれ何dだっけ?」ってなるので、まとめてみました。 こういう比較表作って眺めるの、大好きなんですよ(震え声) 各種合成構造設計指針と、診断指針、外側 …

no image

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力の考え方が、2017年版のRC改修指針に記載されていますよね。   ここで、既存壁単独のせん断耐力が必要なのですが、どうやって求めるか、考えてみました。 …

ブログ内検索

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク