まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

計算ソフト

追加説明書に添付する電算出力抜粋

投稿日:

適判で電算入力を変更した場合に、追加説明書に添付する電算出力抜粋に必要なもの。

■地震力が変更になった場合
・メッセージ一覧
・地震力
・断面検定比図(地震荷重時)
・層間変形角・剛性率
・偏心率
・必要保有水平耐力と保有水平耐力比較表
・入力データ出力

0





-計算ソフト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高さが変わると何が変わる?

階高が変わると、構造計算上、何が変わるでしょうか。 設計には変更がつきものです。 というか設計変更のないまま終わることなどありません(´-ω-`) 設計変更があったときに、構造計算のどこに影響するのか …

no image

剛床・剛床解除について

電算ソフトでは、鉛直荷重時と水平荷重時それぞれについて剛床or剛床解除の設定をすることができます。 ■X方向のみの平面フレームを考えた場合、 鉛直荷重時に剛床とすると、同一層における各節点のX方向変位 …

no image

仕上げ重量に要注意

鉄骨のちっこい平屋をSS7などの一貫計算ソフトで計算する場合、 仕上げ重量を考慮するかどうかで、だいぶ重量が変わってきます。 SS7では仕上げ重量がデフォルトで500N/㎡考慮されます。 これは、2. …

no image

計算ソフトの3Dモデル表示機能に対する要望

一貫計算ソフトにはモデルを3D表示させる機能がありますが、 ウォークスルー機能があれば見やすいんですけどね。。 特に木造とかだと細い部材が込み合ってるから全体表示で ぐりぐり回しても見づらい。 架構を …

no image

端部の断面算定位置など

■端部の断面算定位置と応力採用位置   端部の応力採用位置は、通常、長期は節点位置とし、短期は断面算定位置(剛域端)とする。   設計用曲げモーメントは、通常、「剛域端」の方が「壁端または梁・柱面」よ …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事