まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

月刊『建築技術』の特集 S造

投稿日:

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』のS造に関する特集号一覧です。
意外と特集が少ないS造。

■鉄骨

No. タイトル
1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して
1999 4 590 建築鉄骨の発展を考える
2000 8 606 鉄骨構造の品質確保の基本と実際
2005 9 668 耐震工学から学ぶ鉄骨柱脚の設計・施工
2008 9 704 見落としを防ぐ鉄骨工事監・管理帖
2012 11 754 鉄骨の接合部を設計する
2015 11 790 うっかり間違える鉄骨構造設計の落とし穴
2017 4 807 うっかり間違える鉄骨構造設計の落とし穴 Part2
2019 3 830 鉄骨造の施工管理力UP術

■鋼構造

No. タイトル
2001 9 619 鋼構造耐震設計の原点を考える
2018 3 818 「仕組み」から知る鋼構造設計の勘所
2018 8 823 JASS 6改定ポイントと鋼構造設計の留意点

■溶接

No. タイトル
2006 5 676 溶接を極める鉄人の技

■金属

No. タイトル
1996 2 551 金属構造材の新たなる展開
0





-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SS材・SM材・SN材

ほとんどSS材を使うけど、板厚方向に大きな力がかかるようなダイアフラムには SN材のCを使う(SN490C)。SN材は高いので、官庁物件等で指定された時以外はあまり使わない。 一般的な構造設計者がすぐ …

no image

H-350の細幅とH-244の中幅

部材せいが違うだけで、フランジ幅、板厚は同じなんですね。 H-350×175×7×11 H-244×175×7×11 Iy、Zyは同じで、Aが異なるので、iyは少しだけH-244が大きくなっています。 …

no image

仕口部の保有耐力接合とかいうやつ

角形鋼管柱にH形鋼の梁が取りつく仕口の保有耐力接合ってめんどいですよね。 最近は電算で自動計算できるようになったのでありがたいことですが。 柱スキンプレートの面外変形を考慮した上で保有耐力接合にしない …

柱梁仕口部の水平スチフナは省略できる?

H形鋼で、柱通し形式の場合、 柱梁接合部には、普通、水平スチフナを入れますよね。 「でも、ここに必要か?のけられるならのけたいんだけど」 って時に、どういう検討をすればいいのでしょうか。 「実務から見 …

引張ブレースの設計

久々にブレースの設計をすると、断面積に全断面積Agか有効断面積Aeのどちらを 使うのかわからなくなります(いまだに^^;) 今度こそってことで、まとめておきたいと思います。   ・山形鋼、溝 …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事