まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

月刊『建築技術』の特集 S造

投稿日:2019年7月30日 更新日:

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』のS造に関する特集号一覧です。
意外と特集が少ないS造。

■鉄骨

No. タイトル
1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して
1999 4 590 建築鉄骨の発展を考える
2000 8 606 鉄骨構造の品質確保の基本と実際
2005 9 668 耐震工学から学ぶ鉄骨柱脚の設計・施工
2008 9 704 見落としを防ぐ鉄骨工事監・管理帖
2012 11 754 鉄骨の接合部を設計する
2015 11 790 うっかり間違える鉄骨構造設計の落とし穴
2017 4 807 うっかり間違える鉄骨構造設計の落とし穴 Part2
2019 3 830 鉄骨造の施工管理力UP術

■鋼構造

No. タイトル
2001 9 619 鋼構造耐震設計の原点を考える
2018 3 818 「仕組み」から知る鋼構造設計の勘所
2018 8 823 JASS 6改定ポイントと鋼構造設計の留意点

■JASS6

No. タイトル
2018 8 823 JASS 6改定ポイントと鋼構造設計の留意点

■溶接

No. タイトル
2006 5 676 溶接を極める鉄人の技

■金属

No. タイトル
1996 2 551 金属構造材の新たなる展開
0
いいね! 0
読み込み中...





  

-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

鉄骨造の柱の防火被覆について

鉄骨は不燃材料であり、木材のように燃えて灰になることはありませんが、 火災により温度が上昇すると、耐力が減少してしまいます。 一般的には600℃で耐力が半分になります。 鉄骨造3階建て以上の建物は、柱 …

no image

H-350の細幅とH-244の中幅

部材せいが違うだけで、フランジ幅、板厚は同じなんですね。 H-350×175×7×11 H-244×175×7×11 Iy、Zyは同じで、Aが異なるので、iyは少しだけH-244が大きくなっています。 …

no image

高力ボルトの導入張力確認試験は省略してよいか?

高力ボルトの受け入れ時の試験である、導入張力確認試験は省略してよいのでしょうか? ・導入張力確認試験の動画 -042- 高力ボルト現場軸力導入試験】現場に見る建築実務プレミアム100シリーズ     …

no image

鉄骨梁の継手位置での断面算定

2018年、いかがお過ごしでしょうか。 私はというと、なんか寒すぎて…テンション下がり気味です。 ホッカイロを2つ持ってなんとかしのいでます(‘ω’;) 物件もひと段落ついたし …

no image

合成スラブに関する 構造計算適合性判定時の留意事項など

合成スラブに関する構造計算適合性判定時の留意事項 第2編 デッキ合成スラブ構造設計指針 適用 Q-04: 合成スラブの設計に関し、建築確認申請、構造計算適合性判定の際の留意点がありますか。 フラットデ …

ブログ内検索

2019年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク