まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

仕口部の保有耐力接合とかいうやつ

投稿日:

角形鋼管柱にH形鋼の梁が取りつく仕口の保有耐力接合ってめんどいですよね。
最近は電算で自動計算できるようになったのでありがたいことですが。

柱スキンプレートの面外変形を考慮した上で保有耐力接合にしないといけないんですが、
SS400の梁の場合、接合部設計指針の係数α=1.4を満足しないとFAランクにならないという…
(α=1.0以上なら保有耐力接合の範囲内にあるものとみなしますが、部材群Cになります。Ds値に響いてきますね…)

SN400Bならα=1.3でいいんですけど。

ノンスカラップにしたり、梁端拡幅したりとかいろいろやりようはあるんですけど、

細幅H-500の梁とか使うと大体1.4をギリギリ満足しません。

1.4と1.3でこうも違うなんて。

SN400Bを使えってことでしょうかね^^;

0





-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

月刊『建築技術』の特集 S造

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』のS造に関する特集号一覧です。 意外と特集が少ないS造。 ■鉄骨 年 月 No. タイトル 1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して 19 …

no image

母屋の向き

鉄骨造で母屋のcチャンを入れる時、皆さんはどの方向に入れてますか? 水勾配と直交方向に入れると、割付が簡単だし、仕上げ材を母屋に取り付けることができますが、 水勾配に沿った方向に入れると、仕上げ材を下 …

no image

S造壁重量の目安

■外壁 防火サイディングor金属板+胴縁+内仕上…0.5kN/㎡ 押セ板(t=60)+間柱等+内仕上…1.0kN/㎡ ALC(t=100)+間柱等+内仕上…1.0kN/㎡ ALC(t=50)+間柱等+ …

SS41はいつからSS400になった?

既存鉄骨造の耐震診断、補強をする際、鋼材の材種を確認する必要があります。 といっても、診断・補強の対象となる建物は、ほとんどSS41が使われています。 材質としては同じですが、いつからSS400と呼ば …

no image

H-350の細幅とH-244の中幅

部材せいが違うだけで、フランジ幅、板厚は同じなんですね。 H-350×175×7×11 H-244×175×7×11 Iy、Zyは同じで、Aが異なるので、iyは少しだけH-244が大きくなっています。 …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事