まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

仕口部の保有耐力接合とかいうやつ

投稿日:

角形鋼管柱にH形鋼の梁が取りつく仕口の保有耐力接合ってめんどいですよね。
最近は電算で自動計算できるようになったのでありがたいことですが。

柱スキンプレートの面外変形を考慮した上で保有耐力接合にしないといけないんですが、
SS400の梁の場合、接合部設計指針の係数α=1.4を満足しないとFAランクにならないという…
(α=1.0以上なら保有耐力接合の範囲内にあるものとみなしますが、部材群Cになります。Ds値に響いてきますね…)

SN400Bならα=1.3でいいんですけど。

ノンスカラップにしたり、梁端拡幅したりとかいろいろやりようはあるんですけど、

細幅H-500の梁とか使うと大体1.4をギリギリ満足しません。

1.4と1.3でこうも違うなんて。

SN400Bを使えってことでしょうかね^^;

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

薄板軽量形鋼造(スチールハウス)とは

コロナの影響で工事が止まったりと、建設業界も大変なことになってきました。 年中ほぼ自粛中といっていい感じの私ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、スチールハウスについて調べてみました。 &n …

たわみが大きい…どうする?

夏ですね。 音だけが聞こえてくる花火大会ほど嫌なものはありません! 一緒に見に行く人がほしい^^; そんな話はおいといて、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 部材を設計 …

no image

鉄骨造の柱の防火被覆について

鉄骨は不燃材料であり、木材のように燃えて灰になることはありませんが、 火災により温度が上昇すると、耐力が減少してしまいます。 一般的には600℃で耐力が半分になります。 鉄骨造3階建て以上の建物は、柱 …

no image

月刊『建築技術』の特集 S造

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』のS造に関する特集号一覧です。 意外と特集が少ないS造。 ■鉄骨 年 月 No. タイトル 1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して 19 …

柱梁仕口部の水平スチフナは省略できる?

H形鋼で、柱通し形式の場合、 柱梁接合部には、普通、水平スチフナを入れますよね。 「でも、ここに必要か?のけられるならのけたいんだけど」 って時に、どういう検討をすればいいのでしょうか。 「実務から見 …

ブログ内検索

2019年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク