まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

仕口部の保有耐力接合とかいうやつ

投稿日:

角形鋼管柱にH形鋼の梁が取りつく仕口の保有耐力接合ってめんどいですよね。
最近は電算で自動計算できるようになったのでありがたいことですが。

柱スキンプレートの面外変形を考慮した上で保有耐力接合にしないといけないんですが、
SS400の梁の場合、接合部設計指針の係数α=1.4を満足しないとFAランクにならないという…
(α=1.0以上なら保有耐力接合の範囲内にあるものとみなしますが、部材群Cになります。Ds値に響いてきますね…)

SN400Bならα=1.3でいいんですけど。

ノンスカラップにしたり、梁端拡幅したりとかいろいろやりようはあるんですけど、

細幅H-500の梁とか使うと大体1.4をギリギリ満足しません。

1.4と1.3でこうも違うなんて。

SN400Bを使えってことでしょうかね^^;

0





-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

鉄骨造の柱の防火被覆について

鉄骨は木材のように燃えて灰になることはありませんが、 火災により温度が上昇すると、耐力が減少してしまいます。 一般的には600℃で耐力が半分になります。 鉄骨造3階建て以上の建物は、柱の防火被覆が必要 …

柱梁仕口部の水平スチフナは省略できる?

H形鋼で、柱通し形式の場合、 柱梁接合部には、普通、水平スチフナを入れますよね。 「でも、ここに必要か?のけられるならのけたいんだけど」 って時に、どういう検討をすればいいのでしょうか。 「実務から見 …

no image

押出成形セメント板と鉄骨のあき

押出成形セメント板協会のHPの 押出成形セメント板Q&A  (2018.3.27更新) P.39によると、 縦張工法(A種)の場合‥‥35mm(ダイアフラムの出20mm + 鉄骨の倒れ等の吸収 …

SS41はいつからSS400になった?

既存鉄骨造の耐震診断、補強をする際、鋼材の材種を確認する必要があります。 といっても、診断・補強の対象となる建物は、ほとんどSS41が使われています。 材質としては同じですが、いつからSS400と呼ば …

no image

合成スラブに関する 構造計算適合性判定時の留意事項など

合成スラブに関する構造計算適合性判定時の留意事項 第2編 デッキ合成スラブ構造設計指針 適用 Q-04: 合成スラブの設計に関し、建築確認申請、構造計算適合性判定の際の留意点がありますか。 フラットデ …

ブログ内検索

最近のトピック

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事