まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

仕口部の保有耐力接合とかいうやつ

投稿日:

角形鋼管柱にH形鋼の梁が取りつく仕口の保有耐力接合ってめんどいですよね。
最近は電算で自動計算できるようになったのでありがたいことですが。

柱スキンプレートの面外変形を考慮した上で保有耐力接合にしないといけないんですが、
SS400の梁の場合、接合部設計指針の係数α=1.4を満足しないとFAランクにならないという…
(α=1.0以上なら保有耐力接合の範囲内にあるものとみなしますが、部材群Cになります。Ds値に響いてきますね…)

SN400Bならα=1.3でいいんですけど。

ノンスカラップにしたり、梁端拡幅したりとかいろいろやりようはあるんですけど、

細幅H-500の梁とか使うと大体1.4をギリギリ満足しません。

1.4と1.3でこうも違うなんて。

SN400Bを使えってことでしょうかね^^;

0





-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アンカーボルトは中ボルトじゃない

私が入社して間もないころ、アンカーボルトの計算で高力ボルトの耐力を用いて計算していたため、 上司に「アンカーボルトは高力ボルトじゃない。中ボルトですよ。」と言われ、ああそうなんだと何年か思っていました …

たわみが大きい…どうする?

夏ですね。 音だけが聞こえてくる花火大会ほど嫌なものはありません! 一緒に見に行く人がほしい^^; そんな話はおいといて、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 部材を設計 …

no image

母屋の向き

鉄骨造で母屋のcチャンを入れる時、皆さんはどの方向に入れてますか? 水勾配と直交方向に入れると、割付が簡単だし、仕上げ材を母屋に取り付けることができますが、 水勾配に沿った方向に入れると、仕上げ材を下 …

no image

H-350の細幅とH-244の中幅

部材せいが違うだけで、フランジ幅、板厚は同じなんですね。 H-350×175×7×11 H-244×175×7×11 Iy、Zyは同じで、Aが異なるので、iyは少しだけH-244が大きくなっています。 …

no image

鉄骨梁の継手位置での断面算定

2018年、いかがお過ごしでしょうか。 私はというと、なんか寒すぎて…テンション下がり気味です。 ホッカイロを2つ持ってなんとかしのいでます(‘ω’;) 物件もひと段落ついたし …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事