まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

設備機器の重量

投稿日:

工場や病院には、屋上に設備機器が乗っかったりしますが、
その重量の目安を知っておくと便利です。
設備屋さんからの情報を待っていると結構時間がかかりますからね^^;

設備機器の重量の目安(基礎は含まない)

■受電
・キュービクル(キュービクル式高圧受電設備) 1.0t/㎡

■給湯
・エコキュート 0.5t/台
・給湯用貯湯槽 容量による
・給湯用ポンプ 0.5t

■熱源
・蒸気ボイラー 0.5t

■空調
・空調用室外機 0.6t/系統

■発電機
・発電機 5.0t
・発電機用貯油槽 3.0t

*****************************************
※あくまで目安です。キュービクルなんかはサイズが同じでも中に入れるものによって結構変わるようです。

基礎の重量も結構ありますので注意ですね。(RCのべた基礎にするか、ロウソクの上に鉄骨にするか)

ちなみに、キュービクル(cubicle)は英語です。
cubeから派生した言葉で小屋、小室、箱って意味だそうです(リンクより)

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ボーリング、SWS試験の手順

標準貫入試験(ボーリング)の手順って、教科書や参考書には 簡単に書かれていますが、これだけで実際やってみろっていわれてもできないですよね。 例えば「30cm貫入するのに必要な落下回数がN値」と言われて …

官公庁の新型コロナウイルス感染症対策サイト

官公庁の各府省庁による新型コロナウイルス感染症対策サイトのリンクです。 新型コロナの特設ページがある府省庁は太字にしています。 中にはyoutubeでマスクの作り方や、筋肉元気体操なるものを挙げられて …

no image

屋上設備荷重などの考慮

屋上に設備機器を置く場合、 機器の基礎を押えコンの上に150mmのべた基礎を作ったり、500mm角×高さ500mmぐらいの基礎を作ったりしますよね。 その荷重をどう考慮するかですが、 小梁の上にきれい …

no image

月刊『建築技術』の特集 接合部その他

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』の接合部その他に関する特集号一覧です。 ■接合部 年 月 No. タイトル 1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して 2002 9 632 …

no image

エレベーターの構造

エレベーターは、大きく分けて「ロープ式」と「油圧式」があります。 一般のビルに用いるロープ式のエレベーターには釣合いおもりがありますが、 ホームエレベーターのような小規模なエレベーターは、 釣合いおも …

ブログ内検索

2018年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク