まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

基礎

地盤調査を深さ何mで止めるか?

投稿日:

“ 何メートルまでボーリングしましょう? もう止めていいでしょうか? ”

 

よく地盤調査屋さんから聞かれるやつですね。

N値50以上の洪積層の岩が出たら、埋め込む杭径分ぐらいの深さをボーリングすればOKでしょう。
じゃあ、直接基礎の場合は?
スウェーデンサウンディング試験の場合は?(これは聞かれることは少ないですが)

黄色本から該当箇所を書き出してみます。
——————————————————–
■地盤種別の判定(P.303)

①支持層の厚さについて
(中略)このため一般には、判定の対象となる支持層の厚さは最低3m以上、できれば5mから10m以上必要である。

■スウェーデンサウンディング試験の場合(P.561)

地盤の許容応力度を求めるためには、貫入できない地層が下方に連続して存在している場合を除き、基礎の底部から下方5mまでの調査が必要であり、‥‥

■標準貫入試験の場合
・杭基礎の場合(P.573)

支持力算定式の適用に際しては、くい先端以深にN値算定区間と同等の地盤が続くことが前提であることから、性能評価等において調査範囲の規定が設けられていない
場合は、地盤調査等により、くい先端より下方に5D’(D’:基礎ぐいの先端の有効断面積を円形とした場合における円の直径)以上の範囲(以下、くい先端下部地盤)における地盤
情報を把握し、くい先端付近の地盤と同等以上であることの確認を行う必要がある。(中略)なお、くい先端下部地盤における地盤情報が既往の調査や近隣の地盤情報により
くい先端付近の地盤と同等以上である(あるいは、同党の支持力係数によって評価できる)ことが明らかな場合には、この限りではない。また、‥‥

——————————————————–

杭基礎の場合は、建物の規模により支持層が3mから5mぐらいはほしいですね。
岩が出てこない場合、いわゆる中間層支持となりますから、中間層よりも下部がどうかとか、地盤種別の判定のためにも、
支持層とする層から下部5D’以上はボーリングする必要があるということですね。層の土質も考慮したほうがいいですね。

直接基礎の場合は、接地圧の影響範囲を考慮して決める必要がありますよね。
上部に都合よくN値の大きい層が続いていればいいのですが、支持層が薄かったり、下部のN値が小さかったり‥なかなか悩むところです。
液状化も考慮しないといけないですし。

スウェーデンサウンディング試験の場合は、計画建物の規模が小さい時に行いますが、掘削できない場合を除いて、沈下の有無を判断するためにも支持層の下部5mは調査する必要があります。

0





-基礎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

液状化のおそれのある層の摩擦力は無視するべき?

また杭です。 この際、杭シリーズとしてまとめておこうかな^^;   杭の許容支持力、極限支持力を求める際、液状化の恐れのある層の摩擦力は無視するべきなのでしょうか。 黄色本(2015年版 建 …

圧密沈下の検討

「小規模建築物基礎設計指針」による圧密沈下の検討手順のざっくりメモです。 小規模指針では、SWS試験において自沈する地層など軟弱地盤で不同沈下が予想される場合は、沈下の検討を行うことが望ましいとされて …

no image

沈下について

即時沈下‥透水性の高い砂質土に生じ、荷重が加わると同時に土中の水が移動し沈下は早期に終了する。 即時沈下は比較的表層部の弾性変形と考えられ、小規模建築物のような荷重度が小さい場合、問題となることはほと …

no image

杭径と杭種、どちらを上げる方がお得か

プレボーリングの既製杭、PHC杭をよく使うのですが、設計変更でもともと考えていた杭では持たなくなる ということが結構ありますよね。 支持力が持たなくなったときは、杭径を上げるか、杭長を長くするかという …

no image

地盤改良の設計メモ

※20/01/14追記  建物本体が四号建築物であっても、基礎下を地盤改良する場合は、地盤改良は仕様規定から外れることになるため、  地盤改良の検討書は確認に提出してみてもらう必要がある。 &#821 …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事