まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

保有水平耐力を上げる方法

投稿日:

■RC造

・指定層間変形角以前にヒンジが生じている部材の主筋を増やす。

せん断保証設計に注意。柱なら引張鉄筋比に注意。

・断面を大きくする。

どの階のどの節点で指定層間変形角になっているか確認する。

・Qunを小さくする。

Fesによる低減を減らす…部材の鉄筋を増やすよりも影響が大きいのでなんとか減らしたいところ。

Ds値を小さくする。

0





-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

エレベーターの構造

エレベーターは、大きく分けて「ロープ式」と「油圧式」があります。 一般のビルに用いるロープ式のエレベーターには釣合いおもりがありますが、 ホームエレベーターのような小規模なエレベーターは、 釣合いおも …

立面図にこだわる意匠屋さん

意匠屋さんは立面図の見た目を気にされますねー 実際、そんな高いところ下からまじまじ見る人いないって!(笑) (同業者は稀に見るかもだけど^^;) 立面図を書くと目の前に見えるし、図面になったときにかっ …

圧密沈下の検討

「小規模建築物基礎設計指針」による圧密沈下の検討手順のざっくりメモです。 小規模指針では、SWS試験において自沈する地層など軟弱地盤で不同沈下が予想される場合は、沈下の検討を行うことが望ましいとされて …

no image

リファイン建築

no image

設備機器の重量

工場や病院には、屋上に設備機器が乗っかったりしますが、 その重量の目安を知っておくと便利です。 設備屋さんからの情報を待っていると結構時間がかかりますからね^^; 設備機器の重量の目安(基礎は含まない …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事