まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

保有水平耐力を上げる方法

投稿日:

■RC造

・指定層間変形角以前にヒンジが生じている部材の主筋を増やす。

せん断保証設計に注意。柱なら引張鉄筋比に注意。

・断面を大きくする。

どの階のどの節点で指定層間変形角になっているか確認する。

・Qunを小さくする。

Fesによる低減を減らす…部材の鉄筋を増やすよりも影響が大きいのでなんとか減らしたいところ。

Ds値を小さくする。

0





-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

計算プログラムがどこまで検討しているのかを把握する

計算プログラムは入力に充実に計算してくれるため、入力ミスには気を付ける。 出力も確認する。 計算プログラムがどういう計算をしているか。 どこまで検討しているのかを把握することが重要。 計算プログラムに …

大手ハウスメーカー各社 構造に関する特徴(1)

構造屋の皆さんはハウスメーカーの家の構造についてよくご存じでしょうか。 大手ハウスメーカー各社について、構造に関する特徴をまとめてみました。 ハウスメーカーはだいたい軽鉄使ってて、床にALC使ってるん …

no image

JavaScriptのプログラム

JavaScriptで書かれたプログラムをサイト上から利用できないか試行錯誤してましたが、 やっとできました^^ テストとして、ネット上で公開されていたJavaScriptのゲームをアップロードしまし …

no image

図面の消し込みチェックは〇〇色鉛筆で

担当物件の図面アップが近づいてきました。 構造図の間違いがないか、伏図と軸組図で齟齬がないか、チェックしたところを 塗っていく「消し込みチェック」をしています。 長い間、消し込みチェックには蛍光ペンを …

no image

リファイン建築

ブログ内検索

最近のトピック

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事