まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

法規

木造建築関連基準の見直し

投稿日:

平成27年6月施行
「Q&A 改正建築基準法のポイント」新日本法規 より。

・木造建築関連基準の見直しの具体的な改正内容(法第21条、第27条)

木材の利用を促進するため、耐火構造としなければならない3階建ての建築物や、3000m2を超える建築物について、一定の防火措置を講じた場合には1時間の準耐火構造等にできることとした。

①3階建ての学校等については、天井を不燃化する、または庇・バルコニーを設ける等の措置を講ずることで、木造の準耐火構造で建築することができる。
(今回の改正は、公共建築物の中でも特に木造に対するニーズが高い学校建築について、従来2階建てまでに制限されていた基準を見直して、3階建てで建築する道を開くもの)

②建築物の用途によらず、これまでは耐火構造とすることが必要とされてきた建築物であっても、在館者が安全に地上まで避難できることを個別に検証し、大臣が認定することで耐火構造以外の構造で建築できる。

③延べ面積が3000m2を超える大規模な建築物については、これまで一律に耐火建築物とすることとされていたが、今回の改正により一定の防火壁などで有効に区画するとともに、留め金(ラッチ)付きの防火戸を設けること等により、延べ面積3000m2を超える建築物でも必ずしも耐火建築物としなくてもよいこととした。
この規制緩和は、学校に限らず、全ての用途に適用される。ただし、防火・準防火地域における耐火要求など他の規制がかかっている場合、それぞれの規制が適用されることになる。

※耐火構造とは、火災が終了するまで建築物の倒壊及び延焼を防止する性能を有する構造であり、主要構造部に木材を用いる場合には、耐火性の高い材料で被覆する等の措置が必要となる。

※準耐火構造であれば、大断面木材などを活用して、耐火性の高い材料で被覆する等の措置によらずに実現することが可能。

 

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-法規

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

耐火構造と耐火建築物の違い

随分と寒くなってきましたね:;(∩´﹏`∩);: 年末、いろいろとごたごたがありますが、気を引き締めて焦らずまいりましょう(^^)/ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー …

学校施設等(文教施設)の構造設計

文部科学省のホームページに学校施設整備指針というページがあります。 この中では構造設計についても触れられています。 文部科学省の技術的基準・資料一覧の 建築構造設計指針には積載荷重も掲載されています。 …

no image

200㎡以内ごとにexp.jで区切られている場合の申請

鉄骨造の平屋で、床面積の合計が200㎡を超えている場合でも、200㎡以下ごとにexp.jで区切られている場合、 構造的には分離されているので、それぞれに計算書の提出は不要になります。 ただし、構造図は …

官庁施設の構造設計

国土交通省のホームページに官庁営繕の技術基準というページがあります。 官庁施設を設計するための基準が書かれています。 ちなみに、官庁施設とは、公共建築物のうち、税務署や国立○○など、国で整備しているも …

庇が延床面積に入るとかいう罠

長い庇の場合、先端から1m引いた部分までの庇面積を建築面積に算入することになってますよね。   そして、通常、庇面積は床面積には参入されません。   しかーし! 自転車置き場などの …

ブログ内検索

2018年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク