まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

H-350の細幅とH-244の中幅

投稿日:

部材せいが違うだけで、フランジ幅、板厚は同じなんですね。

H-350×175×7×11
H-244×175×7×11

Iy、Zyは同じで、Aが異なるので、iyは少しだけH-244が大きくなっています。

すごい!どうでもいい(笑)

0





-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

合成スラブのQ&A

いつのまにか9月。いえ…まあまあやっとこさ9月かな^^ 8月はなんだかんだいろいろあって、充実はしてましたから。 すっかり秋の風になりましたが、まだまだ残暑がきついです。 筋トレでもして、元気に参りま …

SS41はいつからSS400になった?

既存鉄骨造の耐震診断、補強をする際、鋼材の材種を確認する必要があります。 といっても、診断・補強の対象となる建物は、ほとんどSS41が使われています。 材質としては同じですが、いつからSS400と呼ば …

電算で小梁を断面算定させたときにNGになる理由

電算で、ブレースと小梁を入力するために、通り・節点を追加して梁を入力し、両端ピン指定することがあります。 小梁は、小梁検討用の床荷重で断面算定するため、電算では断面算定省略指定をして断面算定させないの …

no image

母屋の向き

鉄骨造で母屋のcチャンを入れる時、皆さんはどの方向に入れてますか? 水勾配と直交方向に入れると、割付が簡単だし、仕上げ材を母屋に取り付けることができますが、 水勾配に沿った方向に入れると、仕上げ材を下 …

no image

月刊『建築技術』の特集 S造

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』のS造に関する特集号一覧です。 意外と特集が少ないS造。 ■鉄骨 年 月 No. タイトル 1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して 19 …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事