まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

H-350の細幅とH-244の中幅

投稿日:

部材せいが違うだけで、フランジ幅、板厚は同じなんですね。

H-350×175×7×11
H-244×175×7×11

Iy、Zyは同じで、Aが異なるので、iyは少しだけH-244が大きくなっています。

すごい!どうでもいい(笑)

0





-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SS材・SM材・SN材

ほとんどSS材を使うけど、板厚方向に大きな力がかかるようなダイアフラムには SN材のCを使う(SN490C)。SN材は高いので、官庁物件等で指定された時以外はあまり使わない。 一般的な構造設計者がすぐ …

no image

鉄骨梁の継手位置での断面算定

2018年、いかがお過ごしでしょうか。 私はというと、なんか寒すぎて…テンション下がり気味です。 ホッカイロを2つ持ってなんとかしのいでます(‘ω’;) 物件もひと段落ついたし …

no image

押出成形セメント板と鉄骨のあき

押出成形セメント板協会のHPの 押出成形セメント板Q&A  (2018.3.27更新) P.39によると、 縦張工法(A種)の場合‥‥35mm(ダイアフラムの出20mm + 鉄骨の倒れ等の吸収 …

SS41はいつからSS400になった?

既存鉄骨造の耐震診断、補強をする際、鋼材の材種を確認する必要があります。 といっても、診断・補強の対象となる建物は、ほとんどSS41が使われています。   材質としては同じですが、いつからS …

no image

クレーンの最大車輪圧

クレーンのある建物の構造設計ってめんどくさい! でも、やる度に設計方法の改善点が見つかり、それが面白くもあります^^ 「クレーン付き建物の構造設計指針」みたいなのができたら、ある意味らくなんでしょうけ …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事