まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

基礎

沈下について

投稿日:

即時沈下‥透水性の高い砂質土に生じ、荷重が加わると同時に土中の水が移動し沈下は早期に終了する。
即時沈下は比較的表層部の弾性変形と考えられ、小規模建築物のような荷重度が小さい場合、問題となることはほとんどない。
小規模の場合、表層部の支持力の検討が即時沈下の検討を兼ねているとみなせる。

圧密沈下‥増加荷重により土中の間隙水が長時間を経て排水され、結果として体積が減少する沈下。
主に、軟弱な沖積粘性土や高有機質土などに生じその影響は大きい。二次圧密沈下にも注意。

■圧密沈下について
沈下の有無は、有効上載圧と圧密降伏応力(圧密試験の結果)の大小で決まる。

⓵圧密未了‥有効上載圧 > 圧密降伏応力
増加荷重がなくとも沈下が生ずる。軟弱地盤上の盛土直後の地盤などにみられる。

⓶正規圧密‥有効上載圧 = 圧密降伏応力
建物荷重が載荷されることで、建物荷重分の沈下が生ずる。干拓地とか軟弱地盤に盛土して時間のあまり経過していない造成地などに存在する。

⓷過圧密‥有効上載圧 < 圧密降伏応力
沈下は生じない。
ほとんどの沖積層は過圧密の状態にあり、小規模建築物程度であれば、わずかでも過圧密であると沈下は生じにくい。

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-基礎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

既存杭があったときどうする?

どうも。   花粉は吸ったほうが免疫が付くんじゃない? と言いつつ、薬に頼ってます。   また杭の話です。担当物件がただいま絶賛杭工事中なので、それに影響されてます^^; &nbs …

地盤調査はしなくてもOKか?

政令第93条のただし書によれば、必ずしも地盤調査は必要ではありません。 地盤分類(礫か砂か粘土か等)が分かっていれば、第93条の表の値を採用することができます。 地盤分類は、近隣のボーリングデータがあ …

杭の偏心による軽微変更

公園の桜がにぎやかになってきました。 街では新社会人の姿もちらほら。 初々しい姿はいいものですね。   杭の施工後の偏心による軽微変更。 たまにやると、どういう手続きをとるのか忘れてしまうの …

地盤調査を深さ何mで止めるか?

“ 何メートルまでボーリングしましょう? もう止めていいでしょうか? ”   よく地盤調査屋さんから聞かれるやつですね。 N値50以上の洪積層の岩が出たら、埋め込む杭径分ぐらいの深さをボーリ …

基礎工事の動画

瀬戸弘司の動画 じゃなくて、基礎工事の動画^^; 今はyoutubeでいろいろ見れるのでいいですね^^   ・アースドリル工法 ドリリングバケットを回転させて地盤を掘削、バケット内部に収納さ …

ブログ内検索

2018年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク