まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

基礎

沈下について

投稿日:

即時沈下‥透水性の高い砂質土に生じ、荷重が加わると同時に土中の水が移動し沈下は早期に終了する。
即時沈下は比較的表層部の弾性変形と考えられ、小規模建築物のような荷重度が小さい場合、問題となることはほとんどない。
小規模の場合、表層部の支持力の検討が即時沈下の検討を兼ねているとみなせる。

圧密沈下‥増加荷重により土中の間隙水が長時間を経て排水され、結果として体積が減少する沈下。
主に、軟弱な沖積粘性土や高有機質土などに生じその影響は大きい。二次圧密沈下にも注意。

■圧密沈下について
沈下の有無は、有効上載圧と圧密降伏応力(圧密試験の結果)の大小で決まる。

⓵圧密未了‥有効上載圧 > 圧密降伏応力
増加荷重がなくとも沈下が生ずる。軟弱地盤上の盛土直後の地盤などにみられる。

⓶正規圧密‥有効上載圧 = 圧密降伏応力
建物荷重が載荷されることで、建物荷重分の沈下が生ずる。干拓地とか軟弱地盤に盛土して時間のあまり経過していない造成地などに存在する。

⓷過圧密‥有効上載圧 < 圧密降伏応力
沈下は生じない。
ほとんどの沖積層は過圧密の状態にあり、小規模建築物程度であれば、わずかでも過圧密であると沈下は生じにくい。

0





-基礎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

液状化のおそれのある層の摩擦力は無視するべき?

また杭です。 この際、杭シリーズとしてまとめておこうかな^^;   杭の許容支持力、極限支持力を求める際、液状化の恐れのある層の摩擦力は無視するべきなのでしょうか。 黄色本(2015年版 建 …

no image

地盤改良の設計メモ

たま~にやる地盤改良、自社では計算書作っていませんが、中身を理解しておかないとですね。 (自分で確認する用のエクセルはつくってますが^^) 数年前に地盤改良の本を一度読んだのですが、もう一度ざっと目を …

no image

大地震時に液状化する場合の判断

直接基礎で設計する場合、 中地震時の検討では液状化が起こらないことを確認しますが、 大地震時にFL値が1以下になった場合、どの程度であれば大丈夫と言えるのか。 建築基準法上は、(限界耐力計算を除いて) …

地盤調査を深さ何mで止めるか?

“ 何メートルまでボーリングしましょう? もう止めていいでしょうか? ”   よく地盤調査屋さんから聞かれるやつですね。 N値50以上の洪積層の岩が出たら、埋め込む杭径分ぐらいの深さをボーリ …

no image

杭径と杭種、どちらを上げる方がお得か

プレボーリングの既製杭、PHC杭をよく使うのですが、設計変更でもともと考えていた杭では持たなくなる ということが結構ありますよね。 支持力が持たなくなったときは、杭径を上げるか、杭長を長くするかという …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事