まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

蟻鱒鳶ル

投稿日:2018年7月6日 更新日:

久々にいい本に出会いました。

たまたま近所のツタヤで見かけて、
「あれ?ちょっと高くなーい?」
って思ったけど、自力でビルを建てられてるのはネットで知ってて、気になってたので^ ^
その名も、蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)。面白い名前ですよね。

近所のホームセンターで買ったセメントを使われている理由や、あの特徴的なデザインのルーツなど…
正直、読む前はちょっと変わった人なんだろうなって思ってたんですが、全然そんなことはなかったです^_^;

文章もとても面白くて、岡さんが楽しんで作ってるのが伝わってきて…こっちも熱い気持ちにさせられました。
ただの苦労話ではなくて、
コンクリート建築の施工の問題点だったり、コンクリートの良さだったり、
近代建築(モダニズム)が生まれた理由や、その後のポストモダニズム、デコンの流れなど
建築についての勉強にもなりました。

セルフビルドといえば、高知に有名な「沢田マンション」がありますが、
蟻鱒鳶ルを建てられる前に、岡さんが沢田マンションを見に来られたエピソードも書かれていました^^

沢田マンションは施工を全てセルフビルドでやられたものではないのですが、
岡さんの蟻鱒鳶ルは、友人に手伝ってもらっているとはいえ、業者に頼んだりはされていないようなので
完全なセルフビルドみたいですね。
このビル、「即興」の建築だから、なんと設計図がないんだそうで( ゚Д゚)
「それで確認申請おりたの?」とか「構造計算はしてるの?」って気になりますが、
確認申請については、なんというか…まぁうまくやられているようです。(ネットで書かれていました。計画変更とかもできますからね)
構造計算もちゃんとされているようでひと安心ですε-(´∀`*)ホッしかも有名な構造家さんやないかっ( ゚Д゚)
(別に有名でなくてもいいんですよ。私みたいな無名な構造設計者の一人でもちゃんとやりますから(汗)

RC4階建てなんて、少年が空き地に秘密基地を作るようなモチベでは到底建てられませんが、
岡さんの原点はそこだったそうで。とてもエネルギーと才能にあふれる方なんだなぁ…と感動しました。

僕にはいまのところセルフビルドをやる勇気も資金もありませんが、
構造設計は楽しんでやりたいと思っています。
そのためには、いろんな経験、勉強が必要ですね。
 

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2×4 の×は なぜby(バイ)と読むのか

断面寸法が2インチ×4インチの部材を主に用いる2×4(ツーバイフォー)工法。 なぜ × を by っていうのかを小一時間調べても確信が持てなかったので、日本で英語の先生をされているアメリカ人の友達Jさ …

no image

月刊『建築技術』の特集 接合部その他

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』の接合部その他に関する特集号一覧です。 ■接合部 年 月 No. タイトル 1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して 2002 9 632 …

特定天井の技術基準

稀に特定天井に関する仕事をいただくのですが、間が空きすぎて忘れてしまうので、簡単にまとめておきます^^; 平成13年の芸予地震、平成15年の十勝沖地震、平成17年の宮城県沖地震、そして平成23年の東日 …

アスベストはどこに使用されていたか

改修工事や解体工事で問題となるアスベスト。 アスベストというと鉄骨造の耐火被覆・断熱材というイメージが強いですが、その他にもいろいろ使われていたようですね。 概要 石綿の繊維1本は直径0.02-0.3 …

石膏ボード、ケイカル板、木毛セメント板

今回は意匠図の仕上表、矩計図によく登場する、内装下地材についてまとめてみたいと思います。   石膏ボード(略称:PB(プラスターボード)、GB(ジプサムボード)など)   (画像は こちら …

ブログ内検索

2018年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク