まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

基礎

基礎工事の動画

投稿日:

瀬戸弘司の動画 じゃなくて、基礎工事の動画^^;

今はyoutubeでいろいろ見れるのでいいですね^^

 

アースドリル工法

ドリリングバケットを回転させて地盤を掘削、バケット内部に収納された土砂を地上に排土する方法で掘削を行う。
孔壁は、表層部では表層ケーシングを用い、それ以深は安定液で保護する。
掘削完了後、所定の形状に製作された鉄筋かごを孔内に建込み、トレミーでコンクリートを打込むことにより杭を築造する。

 

 

オールケーシング工法

ケーシングを杭全長にわたって揺動圧入あるいは全周回転圧入すると同時に、その内部空間を通じてハンマーグラブを落下させて孔底の土を掴み取り、排土する工法。

 

0





-基礎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

既存杭があったときどうする?

どうも。   花粉は吸ったほうが免疫が付くんじゃない? と言いつつ、薬に頼ってます。   また杭の話です。担当物件がただいま絶賛杭工事中なので、それに影響されてます^^; &nbs …

no image

大地震時に液状化する場合の判断

直接基礎で設計する場合、 中地震時の検討では液状化が起こらないことを確認しますが、 大地震時にFL値が1以下になった場合、どの程度であれば大丈夫と言えるのか。 建築基準法上は、(限界耐力計算を除いて) …

杭の偏心による軽微変更

公園の桜がにぎやかになってきました。 街では新社会人の姿もちらほら。 初々しい姿はいいものですね。   杭の施工後の偏心による軽微変更。 たまにやると、どういう手続きをとるのか忘れてしまうの …

圧密沈下の検討

「小規模建築物基礎設計指針」による圧密沈下の検討手順のざっくりメモです。 小規模指針では、SWS試験において自沈する地層など軟弱地盤で不同沈下が予想される場合は、沈下の検討を行うことが望ましいとされて …

no image

杭径と杭種、どちらを上げる方がお得か

プレボーリングの既製杭、PHC杭をよく使うのですが、設計変更でもともと考えていた杭では持たなくなる ということが結構ありますよね。 支持力が持たなくなったときは、杭径を上げるか、杭長を長くするかという …