まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

ボーリング、SWS試験の手順

投稿日:2018年6月15日 更新日:

標準貫入試験(ボーリング)の手順って、教科書や参考書には
簡単に書かれていますが、これだけで実際やってみろっていわれてもできないですよね。

例えば「30cm貫入するのに必要な落下回数がN値」と言われても、あとの70cmどうしてるの?とか^^;

youtubeに分かりやすい動画があげられていました。

その他、ホームページではこちらが分かりやすいです。

・ボーリング調査
株式会社 相愛

・SWS試験の動画も非常に勉強になります。

↓基礎塾というものを開催されているようですね。
株式会社 WASC基礎地盤研究所

0





-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

圧密沈下の検討

「小規模建築物基礎設計指針」による圧密沈下の検討手順のざっくりメモです。 小規模指針では、SWS試験において自沈する地層など軟弱地盤で不同沈下が予想される場合は、沈下の検討を行うことが望ましいとされて …

サイノスデッキ??

日鐵住金から合成デッキスラブの新製品が出ています。 その名はサイノスデッキ。 なんかかっこいいですね。。 サイノスってどういう意味? weblio辞書 サイノスデッキHP 経済的!で、高品質!で、施工 …

「有効数字3桁で表す」とは

数学では√3は√3と答えを書きますが、 工学では、その数値をもとに判断したり、ものを作ったりするので必ず有効少数で表します。 なので、√3=1.73205…ですが、 有効数字3桁または4桁ぐらいで、√ …

no image

リファイン建築

no image

建築構造設計とは?

Aさん「お仕事は何をされてますか?」 と聞かれたとき、構造設計者の皆さんはどう答えられていますか?   僕は、こんな風に言ってます。 僕「建築設計です。といっても、構造設計というものをしてま …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事