まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

ボーリング、SWS試験の手順

投稿日:2018年6月15日 更新日:

標準貫入試験(ボーリング)の手順って、教科書や参考書には
簡単に書かれていますが、これだけで実際やってみろっていわれてもできないですよね。

例えば「30cm貫入するのに必要な落下回数がN値」と言われても、あとの70cmどうしてるの?とか^^;

youtubeに分かりやすい動画があげられていました。

その他、ホームページではこちらが分かりやすいです。

・ボーリング調査
株式会社 相愛

・SWS試験の動画も非常に勉強になります。

↓基礎塾というものを開催されているようですね。
株式会社 WASC基礎地盤研究所

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

リファイン建築

no image

鉄骨造の柱の防火被覆について

鉄骨は不燃材料であり、木材のように燃えて灰になることはありませんが、 火災により温度が上昇すると、耐力が減少してしまいます。 一般的には600℃で耐力が半分になります。 鉄骨造3階建て以上の建物は、柱 …

2×4 の×は なぜby(バイ)と読むのか

断面寸法が2インチ×4インチの部材を主に用いる2×4(ツーバイフォー)工法。 なぜ × を by っていうのかを小一時間調べても確信が持てなかったので、日本で英語の先生をされているアメリカ人の友達Jさ …

特定天井の技術基準

稀に特定天井に関する仕事をいただくのですが、間が空きすぎて忘れてしまうので、簡単にまとめておきます^^; 平成13年の芸予地震、平成15年の十勝沖地震、平成17年の宮城県沖地震、そして平成23年の東日 …

「有効数字3桁で表す」とは

数学では√3は√3と答えを書きますが、 工学では、その数値をもとに判断したり、ものを作ったりするので必ず有効少数で表します。 なので、√3=1.73205…ですが、 有効数字3桁または4桁ぐらいで、√ …

ブログ内検索

2018年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク