まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

計算プログラムがどこまで検討しているのかを把握する

投稿日:

計算プログラムは入力に充実に計算してくれるため、入力ミスには気を付ける。
出力も確認する。

計算プログラムがどういう計算をしているか。
どこまで検討しているのかを把握することが重要。

計算プログラムには、適用範囲外になった場合でも、エラーやワーニングのメッセージすら出さないものもある。
例えば基礎の計算で軸力が負になった場合、出力を空白にするだけで、何もメッセージを出さなかったり‥
とにかく、何を検討するべきか、プログラムがどこまで計算するのかを把握することが重要。

計算結果が妥当かどうか、事前に応力状態を予測したうえで出力を確認することも大事である。

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

設備機器の重量

工場や病院には、屋上に設備機器が乗っかったりしますが、 その重量の目安を知っておくと便利です。 設備屋さんからの情報を待っていると結構時間がかかりますからね^^; 設備機器の重量の目安(基礎は含まない …

2×4 の×は なぜby(バイ)と読むのか

断面寸法が2インチ×4インチの部材を主に用いる2×4(ツーバイフォー)工法。 なぜ × を by っていうのかを小一時間調べても確信が持てなかったので、日本で英語の先生をされているアメリカ人の友達Jさ …

no image

いろいろな重量

■胴縁 ・C-100×50×2.3 :4.06kg/m → 40N/m @455 :40×1000/455=87.9N/㎡ → 100N/㎡ =0.1kN/㎡ (平米10キロ) ・ 0

no image

houzz

no image

保有水平耐力を上げる方法

■RC造 ・指定層間変形角以前にヒンジが生じている部材の主筋を増やす。 せん断保証設計に注意。柱なら引張鉄筋比に注意。 ・断面を大きくする。 どの階のどの節点で指定層間変形角になっているか確認する。 …

ブログ内検索

2018年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク