まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

計算プログラムがどこまで検討しているのかを把握する

投稿日:

計算プログラムは入力に充実に計算してくれるため、入力ミスには気を付ける。
出力も確認する。

計算プログラムがどういう計算をしているか。
どこまで検討しているのかを把握することが重要。

計算プログラムには、適用範囲外になった場合でも、エラーやワーニングのメッセージすら出さないものもある。
例えば基礎の計算で軸力が負になった場合、出力を空白にするだけで、何もメッセージを出さなかったり‥
とにかく、何を検討するべきか、プログラムがどこまで計算するのかを把握することが重要。

計算結果が妥当かどうか、事前に応力状態を予測したうえで出力を確認することも大事である。

0





-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サイノスデッキ??

日鐵住金から合成デッキスラブの新製品が出ています。 その名はサイノスデッキ。 なんかかっこいいですね。。 サイノスってどういう意味? weblio辞書 サイノスデッキHP 経済的!で、高品質!で、施工 …

電気座布団

だいぶ寒くなってきましたね:;(∩´﹏`∩);: 職場も暖房を普通に使うようになりました。 ただ、僕の席…エアコンから離れてるし、窓際なので寒いんですよ… ストーブを付けたとしても、ストーブからも離れ …

圧密沈下の検討

「小規模建築物基礎設計指針」による圧密沈下の検討手順のざっくりメモです。 小規模指針では、SWS試験において自沈する地層など軟弱地盤で不同沈下が予想される場合は、沈下の検討を行うことが望ましいとされて …

卓上扇風機

暑いですね^^;; 事務所はクーラー付けてるんですが、暑いからと言って涼しくなるまで温度下げると お腹が冷えちゃって体調が悪くなるんです(´・ω・`) かといってマイ扇風機を買ってきてドーン!って置く …

no image

屋上設備荷重などの考慮

屋上に設備機器を置く場合、 機器の基礎を押えコンの上に150mmのべた基礎を作ったり、500mm角×高さ500mmぐらいの基礎を作ったりしますよね。 その荷重をどう考慮するかですが、 小梁の上にきれい …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事