まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

計算プログラムがどこまで検討しているのかを把握する

投稿日:

計算プログラムは入力に充実に計算してくれるため、入力ミスには気を付ける。
出力も確認する。

計算プログラムがどういう計算をしているか。
どこまで検討しているのかを把握することが重要。

計算プログラムには、適用範囲外になった場合でも、エラーやワーニングのメッセージすら出さないものもある。
例えば基礎の計算で軸力が負になった場合、出力を空白にするだけで、何もメッセージを出さなかったり‥
とにかく、何を検討するべきか、プログラムがどこまで計算するのかを把握することが重要。

計算結果が妥当かどうか、事前に応力状態を予測したうえで出力を確認することも大事である。

0





-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

卓上扇風機

暑いですね^^;; 事務所はクーラー付けてるんですが、暑いからと言って涼しくなるまで温度下げると お腹が冷えちゃって体調が悪くなるんです(´・ω・`) かといってマイ扇風機を買ってきてドーン!って置く …

no image

リファイン建築

no image

図面の消し込みチェックは〇〇色鉛筆で

担当物件の図面アップが近づいてきました。 構造図の間違いがないか、伏図と軸組図で齟齬がないか、チェックしたところを 塗っていく「消し込みチェック」をしています。 長い間、消し込みチェックには蛍光ペンを …

「有効数字3桁で表す」とは

数学では√3は√3と答えを書きますが、 工学では、その数値をもとに判断したり、ものを作ったりするので必ず有効少数で表します。 なので、√3=1.73205…ですが、 有効数字3桁または4桁ぐらいで、√ …

立面図にこだわる意匠屋さん

意匠屋さんは立面図の見た目を気にされますねー 実際、そんな高いところ下からまじまじ見る人いないって!(笑) (同業者は稀に見るかもだけど^^;) 立面図を書くと目の前に見えるし、図面になったときにかっ …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事