Press "Enter" to skip to content

計算プログラムがどこまで検討しているのかを把握する

計算プログラムは入力に充実に計算してくれるため、入力ミスには気を付ける。
出力も確認する。

計算プログラムがどういう計算をしているか。
どこまで検討しているのかを把握することが重要。

計算プログラムには、適用範囲外になった場合でも、エラーやワーニングのメッセージすら出さないものもある。
例えば基礎の計算で軸力が負になった場合、出力を空白にするだけで、何もメッセージを出さなかったり‥
とにかく、何を検討するべきか、プログラムがどこまで計算するのかを把握することが重要。

計算結果が妥当かどうか、事前に応力状態を予測したうえで出力を確認することも大事である。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。