まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

サイノスデッキ??

投稿日:

日鐵住金から合成デッキスラブの新製品が出ています。
その名はサイノスデッキ。
なんかかっこいいですね。。
サイノスってどういう意味?
weblio辞書

サイノスデッキHP

経済的!で、高品質!で、施工が容易!
合成スラブの大スパン・高強度・高剛性等、等厚RCスラブの遮音性等それぞれ良いところを実現します。

1.経済性  他工法よりも圧倒的な経済性を誇る「デッキ合成スラブ構造」
2.床品質  合成スラブ構造で「等厚スラブ」を実現!振動・遮音性能の高い要求に応えます。
3.施工性  現場切断・溶接による接合等、従来のデッキプレートと同様にフレキシブルな現場加工が可能です。
        加えて「フラットな裏面」のため、防火区画や間仕切壁等の垂直材との取合いが容易です。

等厚のデッキ合成スラブってそういえばなかったですね。

スラブ厚155mmで耐火1時間。
対象は高層ビルや工場・倉庫となっております。

これならQLデッキの方が軽いから、うちでは使う機会がなかなかなさそうですが、
等厚だから跳ね出しがあるときなんかにもいいかもですね。

0





-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「有効数字3桁で表す」とは

数学では√3は√3と答えを書きますが、 工学では、その数値をもとに判断したり、ものを作ったりするので必ず有効少数で表します。 なので、√3=1.73205…ですが、 有効数字3桁または4桁ぐらいで、√ …

圧密沈下の検討

「小規模建築物基礎設計指針」による圧密沈下の検討手順のざっくりメモです。 小規模指針では、SWS試験において自沈する地層など軟弱地盤で不同沈下が予想される場合は、沈下の検討を行うことが望ましいとされて …

no image

月刊『建築技術』の特集 接合部その他

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』の接合部その他に関する特集号一覧です。 ■接合部 年 月 No. タイトル 1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して 2002 9 632 …

no image

月刊『建築技術』の特集 基礎

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』の基礎に関する特集号一覧です。 ■基礎 年 月 No. タイトル 1997 3 564 建築基礎設計法の現状と将来展望 1999 2 588 住宅基礎 …

no image

図面の消し込みチェックは〇〇色鉛筆で

担当物件の図面アップが近づいてきました。 構造図の間違いがないか、伏図と軸組図で齟齬がないか、チェックしたところを 塗っていく「消し込みチェック」をしています。 長い間、消し込みチェックには蛍光ペンを …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事