まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

押出成形セメント板と鉄骨のあき

投稿日:

押出成形セメント板協会のHPの

押出成形セメント板Q&A  (2018.3.27更新)
P.39によると、

縦張工法(A種)の場合‥‥35mm(ダイアフラムの出20mm + 鉄骨の倒れ等の吸収代15mm)

横張工法(B種)の場合‥‥75mm(取付け下地L-50×50×6 を標準 + 鉄骨の倒れ等の吸収代15mm)

となっています。

私は、縦梁工法の場合、ダイアフラムの出は25mmに、鉄骨の施工誤差として10mmを考慮して35mmとしています。
押出成形セメント板厚が60mmの場合、壁芯から柱面までは65mmとなりますね。

横張の場合でも納まりに注意すれば、あきを縦張と同じ35mmとすることができるようです。

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SS41はいつからSS400になった?

既存鉄骨造の耐震診断、補強をする際、鋼材の材種を確認する必要があります。 といっても、診断・補強の対象となる建物は、ほとんどSS41が使われています。 材質としては同じですが、いつからSS400と呼ば …

no image

月刊『建築技術』の特集 S造

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』のS造に関する特集号一覧です。 意外と特集が少ないS造。 ■鉄骨 年 月 No. タイトル 1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して 19 …

新型コロナで高炉も休止に。

高炉とか大きい工場ってかっこいいですよね。学生時代に見学に行ったJFEの製鉄所と、日雇いバイトで行ったIC工場の感動は今でも覚えています。IC工場は普通にロボットがピロピロいいながら働いててSF感満載 …

no image

SS材・SM材・SN材

ほとんどSS材を使うけど、板厚方向に大きな力がかかるようなダイアフラムには SN材のCを使う(SN490C)。SN材は高いので、官庁物件等で指定された時以外はあまり使わない。 一般的な構造設計者がすぐ …

no image

高力ボルトの導入張力確認試験は省略してよいか?

高力ボルトの受け入れ時の試験である、導入張力確認試験は省略してよいのでしょうか? ・導入張力確認試験の動画 -042- 高力ボルト現場軸力導入試験】現場に見る建築実務プレミアム100シリーズ     …

ブログ内検索

2018年4月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク