まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

押出成形セメント板と鉄骨のあき

投稿日:

押出成形セメント板協会のHPの

押出成形セメント板Q&A  (2018.3.27更新)
P.39によると、

縦張工法(A種)の場合‥‥35mm(ダイアフラムの出20mm + 鉄骨の倒れ等の吸収代15mm)

横張工法(B種)の場合‥‥75mm(取付け下地L-50×50×6 を標準 + 鉄骨の倒れ等の吸収代15mm)

となっています。

私は、縦梁工法の場合、ダイアフラムの出は25mmに、鉄骨の施工誤差として10mmを考慮して35mmとしています。
押出成形セメント板厚が60mmの場合、壁芯から柱面までは65mmとなりますね。

横張の場合でも納まりに注意すれば、あきを縦張と同じ35mmとすることができるようです。

0





-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

S造接合部のボルト、PLなどの重量の考慮

S造の確認指摘で、 「接合部のボルト、PLなどの重量は考慮していますか?」 などという指摘が出てきているようです。 最近の電算は、これらの重量も、骨組重量に対する割増し率として考慮することができるよう …

no image

高力ボルトの導入張力確認試験は省略してよいか?

高力ボルトの受け入れ時の試験である、導入張力確認試験は省略してよいのでしょうか? ・導入張力確認試験の動画 -042- 高力ボルト現場軸力導入試験】現場に見る建築実務プレミアム100シリーズ     …

no image

仕口部の保有耐力接合とかいうやつ

角形鋼管柱にH形鋼の梁が取りつく仕口の保有耐力接合ってめんどいですよね。 最近は電算で自動計算できるようになったのでありがたいことですが。 柱スキンプレートの面外変形を考慮した上で保有耐力接合にしない …

柱梁仕口部の水平スチフナは省略できる?

H形鋼で、柱通し形式の場合、 柱梁接合部には、普通、水平スチフナを入れますよね。 「でも、ここに必要か?のけられるならのけたいんだけど」 って時に、どういう検討をすればいいのでしょうか。 「実務から見 …

no image

SS材・SM材・SN材

ほとんどSS材を使うけど、板厚方向に大きな力がかかるようなダイアフラムには SN材のCを使う(SN490C)。SN材は高いので、官庁物件等で指定された時以外はあまり使わない。 一般的な構造設計者がすぐ …

ブログ内検索

最近のトピック

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事