まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

押出成形セメント板と鉄骨のあき

投稿日:

押出成形セメント板協会のHPの

押出成形セメント板Q&A  (2018.3.27更新)
P.39によると、

縦張工法(A種)の場合‥‥35mm(ダイアフラムの出20mm + 鉄骨の倒れ等の吸収代15mm)

横張工法(B種)の場合‥‥75mm(取付け下地L-50×50×6 を標準 + 鉄骨の倒れ等の吸収代15mm)

となっています。

私は、縦梁工法の場合、ダイアフラムの出は25mmに、鉄骨の施工誤差として10mmを考慮して35mmとしています。
押出成形セメント板厚が60mmの場合、壁芯から柱面までは65mmとなりますね。

横張の場合でも納まりに注意すれば、あきを縦張と同じ35mmとすることができるようです。

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

鉄骨造の柱の防火被覆について

鉄骨は不燃材料であり、木材のように燃えて灰になることはありませんが、 火災により温度が上昇すると、耐力が減少してしまいます。 一般的には600℃で耐力が半分になります。 鉄骨造3階建て以上の建物は、柱 …

no image

合成スラブに関する 構造計算適合性判定時の留意事項など

合成スラブに関する構造計算適合性判定時の留意事項 第2編 デッキ合成スラブ構造設計指針 適用 Q-04: 合成スラブの設計に関し、建築確認申請、構造計算適合性判定の際の留意点がありますか。 フラットデ …

no image

月刊『建築技術』の特集 S造

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』のS造に関する特集号一覧です。 意外と特集が少ないS造。 ■鉄骨 年 月 No. タイトル 1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して 19 …

no image

鉄骨梁の継手位置での断面算定

2018年、いかがお過ごしでしょうか。 私はというと、なんか寒すぎて…テンション下がり気味です。 ホッカイロを2つ持ってなんとかしのいでます(‘ω’;) 物件もひと段落ついたし …

電算で小梁を断面算定させたときにNGになる理由

電算で、ブレースと小梁を入力するために、通り・節点を追加して梁を入力し、両端ピン指定することがあります。 小梁は、小梁検討用の床荷重で断面算定するため、電算では断面算定省略指定をして断面算定させないの …

ブログ内検索

2018年4月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク