Press "Enter" to skip to content

RC耐震補強の壁厚などの構造規定

以下、防災協の改修指針より。

〇増設耐震壁による補強

・壁厚‥柱幅の1/4以上かつ15cm以上で、梁幅以下

・鉄筋‥せん断補強筋比は0.25%以上1.2%以下、壁厚が18cm以上の場合にはダブル配筋

 

〇増打ち壁による補強

・増打ち壁の壁厚‥12cm以上

・鉄筋‥既存壁以上の壁筋量

 

〇袖壁増設による補強

・長さ‥柱せいDの1/2以上

・壁厚‥柱幅bの1/4以上、かつ、15cm以上
   (ただし、袖壁を軸力負担部材として利用する場合、あるいは、F=1を超えて期待する場には、1/3以上、かつ20cm以上)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この柱幅の1/4以上とかいう規定。うっかりすると満足してないときがあります^^;
柱幅600mmの場合、最低150mm。
柱幅650mmの場合、最低162.5mmとなり、150mmでは不足します。
まあ、大抵180mm以上、200mmぐらいにすることが多いんですけどね。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。