まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

S造接合部のボルト、PLなどの重量の考慮

投稿日:

S造の確認指摘で、

「接合部のボルト、PLなどの重量は考慮していますか?」

などという指摘が出てきているようです。

最近の電算は、これらの重量も、骨組重量に対する割増し率として考慮することができるように

なっているため、考慮する人がでてきたんでしょうね^^;

でも、割増し率ったって、ちゃんと拾ってみないとわからないし‥

いろいろメンドクサイので、仕上げ重量として500N/㎡ぐらいみときゃいいとは思います。。

ちょっと多い目だと思いますけど…

 

だから仕上げしないからって、仕上げ0にしとくと、

後々メンドクサイことになりそうなので、ちゃんと割増率出すか、仕上げ重量ちょっとみとく

というのが得策かと思います^^;

 

0





-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SS材・SM材・SN材

ほとんどSS材を使うけど、板厚方向に大きな力がかかるようなダイアフラムには SN材のCを使う(SN490C)。SN材は高いので、官庁物件等で指定された時以外はあまり使わない。 一般的な構造設計者がすぐ …

遷移温度とは?

遷移温度ってたまに見かけるけど、忘れたというか、よくわかってなかったので調べておこうと思います^^;     低温になると鋼材は粘り強さを失い、脆性破壊を生じる。これは、極寒冷時の …

no image

押出成形セメント板と鉄骨のあき

押出成形セメント板協会のHPの 押出成形セメント板Q&A  (2018.3.27更新) P.39によると、 縦張工法(A種)の場合‥‥35mm(ダイアフラムの出20mm + 鉄骨の倒れ等の吸収 …

たわみが大きい…どうする?

夏ですね。 音だけが聞こえてくる花火大会ほど嫌なものはありません! 一緒に見に行く人がほしい^^; そんな話はおいといて、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 部材を設計 …

SS41はいつからSS400になった?

既存鉄骨造の耐震診断、補強をする際、鋼材の材種を確認する必要があります。 といっても、診断・補強の対象となる建物は、ほとんどSS41が使われています。   材質としては同じですが、いつからS …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事