まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

S造接合部のボルト、PLなどの重量の考慮

投稿日:

S造の確認指摘で、

「接合部のボルト、PLなどの重量は考慮していますか?」

などという指摘が出てきているようです。

最近の電算は、これらの重量も、骨組重量に対する割増し率として考慮することができるように

なっているため、考慮する人がでてきたんでしょうね^^;

でも、割増し率ったって、ちゃんと拾ってみないとわからないし‥

いろいろメンドクサイので、仕上げ重量として500N/㎡ぐらいみときゃいいとは思います。。

ちょっと多い目だと思いますけど…

 

だから仕上げしないからって、仕上げ0にしとくと、

後々メンドクサイことになりそうなので、ちゃんと割増率出すか、仕上げ重量ちょっとみとく

というのが得策かと思います^^;

 

0





-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

引張ブレースの設計

久々にブレースの設計をすると、断面積に全断面積Agか有効断面積Aeのどちらを 使うのかわからなくなります(いまだに^^;) 今度こそってことで、まとめておきたいと思います。   ・山形鋼、溝 …

SS41はいつからSS400になった?

既存鉄骨造の耐震診断、補強をする際、鋼材の材種を確認する必要があります。 といっても、診断・補強の対象となる建物は、ほとんどSS41が使われています。 材質としては同じですが、いつからSS400と呼ば …

no image

月刊『建築技術』の特集 S造

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』のS造に関する特集号一覧です。 意外と特集が少ないS造。 ■鉄骨 年 月 No. タイトル 1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して 19 …

no image

鉄骨梁の継手位置での断面算定

2018年、いかがお過ごしでしょうか。 私はというと、なんか寒すぎて…テンション下がり気味です。 ホッカイロを2つ持ってなんとかしのいでます(‘ω’;) 物件もひと段落ついたし …

no image

仕口部の保有耐力接合とかいうやつ

角形鋼管柱にH形鋼の梁が取りつく仕口の保有耐力接合ってめんどいですよね。 最近は電算で自動計算できるようになったのでありがたいことですが。 柱スキンプレートの面外変形を考慮した上で保有耐力接合にしない …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事