まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

S造接合部のボルト、PLなどの重量の考慮

投稿日:

S造の確認指摘で、

「接合部のボルト、PLなどの重量は考慮していますか?」

などという指摘が出てきているようです。

最近の電算は、これらの重量も、骨組重量に対する割増し率として考慮することができるように

なっているため、考慮する人がでてきたんでしょうね^^;

でも、割増し率ったって、ちゃんと拾ってみないとわからないし‥

いろいろメンドクサイので、仕上げ重量として500N/㎡ぐらいみときゃいいとは思います。。

ちょっと多い目だと思いますけど…

 

だから仕上げしないからって、仕上げ0にしとくと、

後々メンドクサイことになりそうなので、ちゃんと割増率出すか、仕上げ重量ちょっとみとく

というのが得策かと思います^^;

 

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

引張ブレースの設計

久々にブレースの設計をすると、断面積に全断面積Agか有効断面積Aeのどちらを 使うのかわからなくなります(いまだに^^;) 今度こそってことで、まとめておきたいと思います。   ・山形鋼、溝 …

断面算定結果がNG…どうする?

部材断面は余裕をもって設計するのが一番ですが、なかなかできない場合もありますよね。 そんなときの対処法をまとめておきます。 ①感覚と合っているか感じる(全体の設計方針とあっているか。骨組のバランスは? …

薄板軽量形鋼造(スチールハウス)とは

コロナの影響で工事が止まったりと、建設業界も大変なことになってきました。 年中ほぼ自粛中といっていい感じの私ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、スチールハウスについて調べてみました。 &n …

新型コロナで高炉も休止に。

高炉とか大きい工場ってかっこいいですよね。学生時代に見学に行ったJFEの製鉄所と、日雇いバイトで行ったIC工場の感動は今でも覚えています。IC工場は普通にロボットがピロピロいいながら働いててSF感満載 …

no image

SS材・SM材・SN材

ほとんどSS材を使うけど、板厚方向に大きな力がかかるようなダイアフラムには SN材のCを使う(SN490C)。SN材は高いので、官庁物件等で指定された時以外はあまり使わない。 一般的な構造設計者がすぐ …

ブログ内検索

2018年3月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク