Press "Enter" to skip to content

Excel標準装備の「数式」で長い√ 記号を書く方法

今までエクセルの「オブジェクト」にあった「Microsoft 数式3.0」がこないだのアップデートで削除されました。

以下は、リボンに標準装備されている「数式」で、√(ルート記号)の上の線を伸ばしたものを書く方法のメモです。

使用しているエクセルはExcel2013です。

↑こんなやつです。

①「挿入」タブの「数式」をクリックします。

 

②「べき乗根」から、下の赤線で囲んだやつをクリックします。

数式が表示されました。

√の中のa2+b2の式を消します。

これは、文字データになっているので、文字の色を透明にしたいと思います。

これから、中の文字だけをドラッグして「図形の書式設定」ー「文字のオプション」-「塗りつぶしなし」

をクリックします。

このように文字が透明になりました。

残りのa2+も選択して透明にすれば長い√の完成です!

a2+b2に限らず、行列タブを選んで出てくる点線の□を選択して、

同様に、文字の「塗りつぶしなし」をしてもOKです。

 

 

 

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。