まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

エクセル 未分類

Excel標準装備の「数式」で長い√ 記号を書く方法

投稿日:

今までエクセルの「オブジェクト」にあった「Microsoft 数式3.0」がこないだのアップデートで削除されました。

以下は、リボンに標準装備されている「数式」で、√(ルート記号)の上の線を伸ばしたものを書く方法のメモです。

使用しているエクセルはExcel2013です。

↑こんなやつです。

①「挿入」タブの「数式」をクリックします。

 

②「べき乗根」から、下の赤線で囲んだやつをクリックします。

数式が表示されました。

√の中のa2+b2の式を消します。

これは、文字データになっているので、文字の色を透明にしたいと思います。

これから、中の文字だけをドラッグして「図形の書式設定」ー「文字のオプション」-「塗りつぶしなし」

をクリックします。

このように文字が透明になりました。

残りのa2+も選択して透明にすれば長い√の完成です!

a2+b2に限らず、行列タブを選んで出てくる点線の□を選択して、

同様に、文字の「塗りつぶしなし」をしてもOKです。

 

 

 

1+

Users who have LIKED this post:

  • avatar





-エクセル, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

屋上設備荷重などの考慮

屋上に設備機器を置く場合、 機器の基礎を押えコンの上に150mmのべた基礎を作ったり、500mm角×高さ500mmぐらいの基礎を作ったりしますよね。 その荷重をどう考慮するかですが、 小梁の上にきれい …

no image

月刊『建築技術』の特集 基礎

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』の基礎に関する特集号一覧です。 ■基礎 年 月 No. タイトル 1997 3 564 建築基礎設計法の現状と将来展望 1999 2 588 住宅基礎 …

no image

月刊『建築技術』の特集 接合部その他

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』の接合部その他に関する特集号一覧です。 ■接合部 年 月 No. タイトル 1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して 2002 9 632 …

圧密沈下の検討

「小規模建築物基礎設計指針」による圧密沈下の検討手順のざっくりメモです。 小規模指針では、SWS試験において自沈する地層など軟弱地盤で不同沈下が予想される場合は、沈下の検討を行うことが望ましいとされて …

no image

設備機器の重量

工場や病院には、屋上に設備機器が乗っかったりしますが、 その重量の目安を知っておくと便利です。 設備屋さんからの情報を待っていると結構時間がかかりますからね^^; 設備機器の重量の目安(基礎は含まない …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事