まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

鉄骨梁の継手位置での断面算定

投稿日:

2018年、いかがお過ごしでしょうか。

私はというと、なんか寒すぎて…テンション下がり気味です。

ホッカイロを2つ持ってなんとかしのいでます(‘ω’;)

物件もひと段落ついたし、、なんかいい仕事こないかな?

 


 

鉄骨梁の継手位置での断面算定についてです。

電算では、ボルト孔欠損を考慮した欠損断面で断面算定されます。

高力ボルト摩擦接合で保有耐力接合してるのに、なんで欠損断面でやらなくちゃいけないのって思いませんか?

 

一般的に使用されている継手の仕様は、SCSS-H97によっています。

この継手はどうやって決められたかというと、

①許容応力度設計…欠損断面に基づく許容耐力を設計用応力とした全強接合の検討により、ボルト径、本数、プレート厚などを決める。

②第一種保有耐力接合…①で設定した継手についてα値を確認し、保有耐力接合であることを確認する。満たさなかったら①をやりなおす。

このようにして決められているのです。

 

つまり、

①で欠損断面に基づいて継手が決められているため、一次設計で断面算定する際は、欠損断面でやる必要がある、またはそうしたほうが安全側。

という理屈だと思います。

 

そもそも、①で欠損断面じゃなくて、全断面で継手設計すればいいじゃんって思われるかもしれませんが、

継手位置は大体応力の小さいところに設けますし、経済性も考慮して欠損断面でしてるんですね。

 

 

0





-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

たわみが大きい…どうする?

夏ですね。 音だけが聞こえてくる花火大会ほど嫌なものはありません! 一緒に見に行く人がほしい^^; そんな話はおいといて、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 部材を設計 …

no image

合成スラブに関する 構造計算適合性判定時の留意事項など

合成スラブに関する構造計算適合性判定時の留意事項 第2編 デッキ合成スラブ構造設計指針 適用 Q-04: 合成スラブの設計に関し、建築確認申請、構造計算適合性判定の際の留意点がありますか。 フラットデ …

no image

月刊『建築技術』の特集 S造

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』のS造に関する特集号一覧です。 意外と特集が少ないS造。 ■鉄骨 年 月 No. タイトル 1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して 19 …

no image

S造壁重量の目安

■外壁 防火サイディングor金属板+胴縁+内仕上…0.5kN/㎡ 押セ板(t=60)+間柱等+内仕上…1.0kN/㎡ ALC(t=100)+間柱等+内仕上…1.0kN/㎡ ALC(t=50)+間柱等+ …

no image

H-350の細幅とH-244の中幅

部材せいが違うだけで、フランジ幅、板厚は同じなんですね。 H-350×175×7×11 H-244×175×7×11 Iy、Zyは同じで、Aが異なるので、iyは少しだけH-244が大きくなっています。 …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事