まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

法規

耐火構造と耐火建築物の違い

投稿日:

随分と寒くなってきましたね:;(∩´﹏`∩);:

年末、いろいろとごたごたがありますが、気を引き締めて焦らずまいりましょう(^^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

耐火性能に関しては、

耐火構造、準耐火構造、耐火建築物、準耐火建築物という用語が出てきます。

 

耐火構造とは、耐火性能を備えた建築物の「部分の構造」を意味する。

一方、耐火建築物は耐火性能を備えた建築物「全体」を指し、耐火構造の部分に加えて防火設備を備えたものをいう。

 

耐火構造…鉄筋コンクリート造や一定の仕上げ材を施した鉄骨造などが該当する。

詳しくは、

①鉄筋コンクリート造、れんが造、その他の構造で建築基準法施行令第107条の技術的基準を満たすもの。

②平成12年建設省告示第1399号で定められたもの

③国土交通大臣が認定したもの。

 

①の技術的基準は、備えるべき耐火性能を示したもの。壁や柱、床といった部位と階数に応じて火熱に耐えられる時間を定めているほか、

壁や床の上昇温度が一定以内であること、外壁や屋根が損傷しないことなどを求めている。

 

②の告示では、「塗り厚4cm以上の鉄網モルタルで両面を覆った鉄骨造」や「7.5cm以上の厚さをもつALC版」のように具体的な仕様を挙げている。

 

耐火建築物は原則、耐火構造で主要構造部をつくったうえで、延焼の恐れのある範囲の開口部を防火設備としたものをいう。

ほかに、耐火性能検証法を使ったものと大臣認定によるものがあるが、ケースとしてはまれだ。

 

「耐火建築物」=「耐火構造+防火設備」

 

以上、ほぼ以下の文献より抜粋させていただきました^^;

0





-法規

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

減築する場合に建築確認は必要か。構造の既存遡及は?

以下、参考文献より部分的に(ちょっとだけ)抜粋させていただきました。   減築する場合、「大規模の修繕」に該当しない場合は原則、建築確認不要。 減築であっても、例えば階数を1層減らし、従前が …

「高さ」の種類

「高さ」というと申請上の「建築物の高さ」や、北側斜線制限の最高高さ、 または構造計算に用いる際の高さ、風荷重算出時に用いる高さ等、様々な種類があります。 皆さん、正確に理解されているでしょうか。 私は …

no image

200㎡以内ごとにexp.jで区切られている場合の申請

鉄骨造の平屋で、床面積の合計が200㎡を超えている場合でも、200㎡以下ごとにexp.jで区切られている場合、 構造的には分離されているので、それぞれに計算書の提出は不要になります。 ただし、構造図は …

no image

安全証明書とは?

 香川県建築指導課HPより  建築士は、構造計算により建築物の安全性を確かめた場合は、「構造計算により安全性を確かめた旨の証明書」 を設計の委託者に交付しなければなりません。(建築士法第20条第2項) …

庇が延床面積に入るとかいう罠

長い庇の場合、先端から1m引いた部分までの庇面積を建築面積に算入することになってますよね。   そして、通常、庇面積は床面積には参入されません。   しかーし! 自転車置き場などの …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事