まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

法規

安全証明書とは?

投稿日:2017年11月23日 更新日:

 香川県建築指導課HPより

 建築士は、構造計算により建築物の安全性を確かめた場合は、「構造計算により安全性を確かめた旨の証明書」 を設計の委託者に交付しなければなりません。(建築士法第20条第2項)
設計の委託者とは、建築主から直接委託を受けた場合はその建築主、元請けの建築士事務所から下請けとして委託を受けた場合は元請けの建築士事務所となります。
なお、確認申請書にはこの証明書の写しを添付する必要があります。
ただし、平成21年5月27日以降、構造設計一級建築士の関与が義務付けられる建築物について、構造設計一級建築士が自ら設計又は法適合確認を行いその旨の表示をした場合にはこの証明書を交付する必要はありません。(法第20条第2項ただし書)

 

【安全証明書が必要な計算書】
・ルート1で計算した場合の計算書
・既存不適格建築物に増築した場合の増築部の計算書

0





-法規

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

木造建築関連基準の見直し

平成27年6月施行 「Q&A 改正建築基準法のポイント」新日本法規 より。 ・木造建築関連基準の見直しの具体的な改正内容(法第21条、第27条) 木材の利用を促進するため、耐火構造としなければならない …

no image

地震地域係数について

no image

塀、工作物、設備などの地震力

塀、広告塔なども規模が大きくなると構造計算で安全性を確認する必要があります。 たま~にやってて、計算シートも作ってますが、地震力の設定について整理しておきたいと思います^^ ⓵補強コンクリートブロック …

no image

既存不適格建築物への遡及範囲(構造)

黄色本にも書かれてはいますが、既存不適格建築物への遡及範囲(構造)について、 ビューローベリタスジャパンが丁寧にまとめられていました。 平成27年6月施行 改正建築基準法既存不適格建築物への遡及範囲( …

no image

減築する場合に建築確認は必要か。構造の既存遡及は?

以下、参考文献より部分的に(ちょっとだけ)抜粋させていただきました。   減築する場合、「大規模の修繕」に該当しない場合は原則、建築確認不要。 減築であっても、例えば階数を1層減らし、従前が …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事