Press "Enter" to skip to content

200㎡以内ごとにexp.jで区切られている場合の申請

鉄骨造の平屋で、床面積の合計が200㎡を超えている場合でも、200㎡以下ごとにexp.jで区切られている場合、

構造的には分離されているので、それぞれに計算書の提出は不要になります。

ただし、構造図は提出する必要があります。(ここは、申請機関によって判断が異なるかもしれませんが)

 

ということは、極端な話、

合計では4000㎡とかでも、全部200㎡以下ごとにexp.jで区切られている場合、やはり構造計算書の提出が不要になる

ということでしょうかね(‘ω’)

 

まあ、そんなに細かく区切ることはないと思いますが(笑)

 

 

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。