まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

法規

庇が延床面積に入るとかいう罠

投稿日:

長い庇の場合、先端から1m引いた部分までの庇面積を建築面積に算入することになってますよね。

 

そして、通常、庇面積は床面積には参入されません。

 

しかーし!

自転車置き場などの室内的用途(生活上又は部品の格納の目的で雨露をしのぐ用途)のある場合は,建築面積と同じ計算方法で,庇の先端から1mを超える部分を1階の床面積に算入します。

とのことです。。

 

出の長い庇がある場合は特に要注意ですね。

特に、鉄骨造はルート判定に重要な延べ面積500㎡という数字。

この500㎡、地方で構造設計している人は、結構近い値に遭遇されるのではないでしょうか^^;

 

計画段階では480㎡ぐらいだったのが、設計変更により最終的に500㎡超になる…

なんてことがたまにあります。

ルート1で行こうと思ってたのに、いけなくなるなんてことになりますので、迷惑なお話ですよね( ;∀;)

たった今、これで上司が隣で「あイタッ」と嘆いておられました。。

 

皆さんもご注意ください( ゚Д゚)

 

(参考サイト)

建物の庇について

 

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-法規

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

積載荷重一覧表

各種基準による積載荷重の一覧表を作ってみました。 スマホからご覧の方は、スマホを横向きにするとすべて表示されるようになります。 できるだけ元の文献の表現を変えないようにまとめましたが、表を見やすくする …

no image

安全証明書とは?

 香川県建築指導課HPより  建築士は、構造計算により建築物の安全性を確かめた場合は、「構造計算により安全性を確かめた旨の証明書」 を設計の委託者に交付しなければなりません。(建築士法第20条第2項) …

no image

地震地域係数について

建築基準法 第1条 公共の福祉とは?

2020年版の法令集を購入して、昨日やっとライン引きが終わりました。 ここ何年か、購入するかどうか迷って結局買わずじまいなことが続いていたのですが、 今年は防耐火関係の改正内容が反映されたので、買い時 …

no image

設計クライテリア 

建築物は、地震の規模を中地震と大地震に分けて設計します。 1981年の建築基準法改正で規定され、「新耐震設計法」と呼ばれています。   1.長期【常時・積雪時】 日常的に作用する荷重・外力で …

ブログ内検索

2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク