Press "Enter" to skip to content

「2億円かけ耐震工事の宿泊施設、震度5強で休業」

2億円かけ耐震工事の宿泊施設、震度5強で休業 より、

ベストシーズンなのに長期休業――。
長野県王滝村で6月にあった震度5強の地震で、村内にある名古屋市の宿泊施設が被害を受け、いまも営業再開のめどが立っていない。2年前、2億円をかけて「震度6弱に耐えられる工事」を行ったが、地震で柱や壁が破損。今月は予約のあった約980人分をキャンセルし、8月も予約をすべて断る事態となっている。
施設は「おんたけ休暇村」で、1973年に開業。宿泊棟は鉄筋コンクリート3階建て52室で、最大192人が滞在できる。2015年、3か月かけて耐震工事を実施した。現在は、どの程度の揺れに耐えられるかわからない状態という。
王滝村によると、村内の宿泊施設のうち、6月の地震の影響で現在も休業しているのはおんたけ休暇村だけ。市は「宿泊棟が倒壊しなかったのは耐震工事のおかげ」と釈明し、調査機関に委託して被災後の耐震強度を確認するとしている。結果次第では再度、耐震工事を行うという。

宿泊施設は大地震で倒壊しなかったとしても

宿泊はできなくなるので痛いですね。

皆さんも気を付け?ましょう。

 

 

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。