まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

診断・補強

「2億円かけ耐震工事の宿泊施設、震度5強で休業」

投稿日:

2億円かけ耐震工事の宿泊施設、震度5強で休業 より、

ベストシーズンなのに長期休業――。
長野県王滝村で6月にあった震度5強の地震で、村内にある名古屋市の宿泊施設が被害を受け、いまも営業再開のめどが立っていない。2年前、2億円をかけて「震度6弱に耐えられる工事」を行ったが、地震で柱や壁が破損。今月は予約のあった約980人分をキャンセルし、8月も予約をすべて断る事態となっている。
施設は「おんたけ休暇村」で、1973年に開業。宿泊棟は鉄筋コンクリート3階建て52室で、最大192人が滞在できる。2015年、3か月かけて耐震工事を実施した。現在は、どの程度の揺れに耐えられるかわからない状態という。
王滝村によると、村内の宿泊施設のうち、6月の地震の影響で現在も休業しているのはおんたけ休暇村だけ。市は「宿泊棟が倒壊しなかったのは耐震工事のおかげ」と釈明し、調査機関に委託して被災後の耐震強度を確認するとしている。結果次第では再度、耐震工事を行うという。

宿泊施設は大地震で倒壊しなかったとしても

宿泊はできなくなるので痛いですね。

皆さんも気を付け?ましょう。

 

 

0





-診断・補強

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

あと施工アンカーを用いた増設壁は一体とみなせるか

増設壁のせん断耐力計算がわからなくなってきました…^^; 頭の中を整理するためにメモします。 以下、学校施設の耐震補強マニュアル(以下「学校マニュアル」)p.86を参考に。 —&#8212 …

no image

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力

既存壁と増設壁が連続する場合の壁耐力の考え方が、2017年版のRC改修指針に記載されていますよね。   ここで、既存壁単独のせん断耐力が必要なのですが、どうやって求めるか、考えてみました。 …

no image

2017年改訂版 既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震改修設計指針 同解説 が出ましたね

2017年版が発売されましたね。 私は早速、買いましたよ!(自腹で…) ちらっと読んでみた収穫としては、 ・袖壁付き柱の耐力式が変わったようです。 ・完全塑性理論による曲げ耐力の式がなくなったのかな? …

no image

あと施工アンカーのまとめ

あと施工アンカー(接着系アンカー)について、いつも「あれ何dだっけ?」ってなるので、まとめてみました。 こういう比較表作って眺めるの、大好きなんですよ(震え声) 各種合成構造設計指針と、診断指針、外側 …

減築による改修事例

最近減築を伴う改修事例が多くなってきました。。 減築、増築、耐震補強、用途変更と…どんどん仕事内容がややこしくなってる気が^^; これ建て替えしたほうが安くなるんじゃ…って思うようなものもありますが、 …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事