まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

法規

設計クライテリア 

投稿日:2017年7月7日 更新日:

建築物は、地震の規模を中地震と大地震に分けて設計します。
1981年の建築基準法改正で規定され、「新耐震設計法」と呼ばれています。

 

1.長期【常時・積雪時】

日常的に作用する荷重・外力である長期荷重に対して、建築物の構造耐力上主要な部分に使用上の支障が生じないことを目的とする。長期許容応力度を超えないことを確かめる。

 

2.短期【積雪時・暴風時・中地震時(建物が存在する間に数度遭遇する、震度5弱程度の地震) 】

稀に発生する荷重・外力である短期荷重に対して、構造耐力上主要な部分に損傷が生じないことを目的とする。(部材を弾性状態に保つ。短期許容応力度を超えないことを確かめる。)

 

3.終局時【大地震時( 建物が存在する間に1度遭遇するかもしれない震度6強程度の地震 】
極稀に発生する大地震時に、建物が倒壊・崩壊しないように設計する。(部材の塑性化を許容する。)

 

法規上なくなった言葉ですが、黄色本では、

上記1と2を「許容応力度計算」と呼んでいます。

 

(参考)
黄色本p.66

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-法規

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

積載荷重一覧表

各種基準による積載荷重の一覧表を作ってみました。 スマホからご覧の方は、スマホを横向きにするとすべて表示されるようになります。 できるだけ元の文献の表現を変えないようにまとめましたが、表を見やすくする …

「高さ」の種類

「高さ」というと申請上の「建築物の高さ」や、北側斜線制限の最高高さ、 または構造計算に用いる際の高さ、風荷重算出時に用いる高さ等、様々な種類があります。 皆さん、正確に理解されているでしょうか。 私は …

官庁施設の構造設計

国土交通省のホームページに官庁営繕の技術基準というページがあります。 官庁施設を設計するための基準が書かれています。 ちなみに、官庁施設とは、公共建築物のうち、税務署や国立○○など、国で整備しているも …

no image

耐火構造と耐火建築物の違い

随分と寒くなってきましたね:;(∩´﹏`∩);: 年末、いろいろとごたごたがありますが、気を引き締めて焦らずまいりましょう(^^)/ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー …

no image

塀、工作物、設備などの地震力

塀、広告塔なども規模が大きくなると構造計算で安全性を確認する必要があります。 地震力の設定について整理しておきたいと思います^^ ⓵補強コンクリートブロック造の塀(告示 平12建告第1355号)‥黄色 …

ブログ内検索

2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク