まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪

計算ソフト

端部の断面算定位置など

投稿日:

■端部の断面算定位置と応力採用位置  
端部の応力採用位置は、通常、長期は節点位置とし、短期は断面算定位置(剛域端)とする。  
設計用曲げモーメントは、通常、「剛域端」の方が「壁端または梁・柱面」より大きくなるため「剛域端」でよい。  
一方、設計用せん断力を求める際の内法寸法は、「剛域端」間よりも「正味内法=壁端または梁・柱面」間とした方が安全側となるため、
別途、「2.4.1共通事項」の3「内法寸法の取り方」で剛域端間か正味内法を選択できるので、「正味内法」を選択すればよい。   

<直接入力する場合>    
端部断面算定位置→「12.7.3 端部断面算定位置」で入力    
内法寸法    →「12.7.4 Qy(QM)算定用の内法寸法」で入力  
壁開口がある場合の剛域の取り方は、「2.1 剛性計算条件」の5「剛域長の計算方法」で長方形とするか、45°隅切りか、  さらに、入り長さの倍率を指定することができる。  

SS3では、端部の断面算定位置が、そのまま危険断面位置(ヒンジ発生位置、降伏判定位置ともいう)  に設定されるので要注意。

RC柱部材種別判定時に使用するho/Dのhoは、「端部の断面算定位置」で指定する危険断面位置間ではなく、  
「内法寸法の取り方」(直接入力した場合は「Qy(QM)算定用の内法寸法」)の指定による。  

<SS3の計算データをリンクさせて耐震診断を行う場合>  

・F値を算出する際の内法長さhoは、SS3で用いたhoがリンクされる。   
ウォールガーダーなどがあり、hoを直接入力したい場合は、SS3の「Qy(QM)算定用の内法寸法」で入力する。  
 (耐震診断2001「柱の内法寸法」でも入力できる)

★変更★・複数開口がある場合のhoの取り方は、SS3における剛域の取り方(長方形で包絡or45°隅切り)とは関係なく、   
長方形で包絡されるため要注意。また、隣接するスパンに開口がある場合のhoの取り方も、あくまで新耐震設計に準じた計算をされるので要注意。

・RC柱部材種別判定時のhoの採用について  http://www.unions.co.jp/dqs/qa/01887.html

・【検証例】せん断設計 梁のQM、M/Qdの計算方法について http://www.unions.co.jp/dqs/qa/02187.html  
・SS3のマニュアル ・RC診断2001のマニュアル (関連)  黄色本p.359 (2)鉄筋コンクリート部材のせん断破壊の防止(保証設計) http://support.kozosoft.co.jp/q_and_a_ver7.nsf/6308e623f565ab4d4925760200218c82/840a5dc29dd04a45492575fb003709f2?OpenDocument

0





-計算ソフト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

仕上げ重量に要注意

鉄骨のちっこい平屋をSS7などの一貫計算ソフトで計算する場合、 仕上げ重量を考慮するかどうかで、だいぶ重量が変わってきます。 SS7では仕上げ重量がデフォルトで500N/㎡考慮されます。 これは、2. …

no image

「浮き上がりを考慮する」とは

電算のソフトに「浮き上がりを考慮するorしない」という入力項目があると思います。   浮き上がりを考慮するorしないとはどういうことかというと、   浮き上がりを考慮する … 支点 …

no image

偏心率がおかしい

平面的に不整形な建物の立体解析をしたら、偏心率がおかしな値になってしまいました(^^;   まあ、予想はしていたのですが、ソフトの仕様上、「ねじり剛性や水平剛性が0または負になった場合はFe …

no image

パラペットの風圧力

パラペットにかかる風圧力の電算での考慮。 RC造の場合は、パラペット入力をするから忘れることはないんですが、 S造のとき、パラペットがRCで立ち上がらなかったりするときに、パラペットの荷重だけ 特殊荷 …

高さが変わると何が変わる?

階高が変わると、構造計算上、何が変わるでしょうか。 設計には変更がつきものです。 というか設計変更のないまま終わることなどありません(´-ω-`) 設計変更があったときに、構造計算のどこに影響するのか …