まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

遷移温度とは?

投稿日:2017年4月18日 更新日:

遷移温度ってたまに見かけるけど、忘れたというか、よくわかってなかったので調べておこうと思います^^;

 

 

低温になると鋼材は粘り強さを失い、脆性破壊を生じる。これは、極寒冷時の建物や冷凍施設の設計にかかわる要素となる。この状況を調べるのには、通常、シャルピー衝撃試験が用いられる。(中略)通常の状態で延性破壊する材料でも、切欠きを付けて衝撃力を与えると、ある温度以下になると吸収エネルギー(衝撃値)が急激に低下し、脆性破断する。脆性破面率が50%となる温度を遷移温度(Trs50)という。このように、鋼材が低温時に延性的な性質から脆性的な性質に変化することを低温脆性という。

(「鉄骨構造 基礎知識(改訂版)」市ヶ谷出版社 より一部抜粋)

 

衝撃試験に要したエネルギーは、試験片の温度によって変化する。しかもある特定の温度で急激に変化する。この温度を遷移温度といい、これができるだけ低い鋼材を選ぶようにするのがよい。

(「基礎からの鉄骨構造」森北出版 より一部抜粋)

 

遷移とは、移り変わりという意味です。

遷移温度とは、シャルピー衝撃試験の吸収エネルギーが急激に変化する(移り変わる)温度という意味ですね。その時に、ちょうど脆性破面率が50%になるので、そこを遷移温度と呼ぶことに決めたのでしょうね。

 


 

 

 

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

薄板軽量形鋼造(スチールハウス)とは

コロナの影響で工事が止まったりと、建設業界も大変なことになってきました。 年中ほぼ自粛中といっていい感じの私ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、スチールハウスについて調べてみました。 &n …

軽鋼構造設計施工指針とは?

現在、非住宅(住宅以外)の鉄骨構造は重量鉄骨により設計されることがほとんどだと思いますが、稀に軽量鉄骨で作られているコンビニなどを目にすることがあります。平屋のコンビ二程度であれば、施工性の良さや軽さ …

no image

集合住宅の床衝撃音

集合住宅の上下階の騒音問題って結構あるんですかね。 ついこないだ、アパートで騒音問題がらみの殺人事件もありました。 (私も一時期集合住宅に住んでいたことはありますが、音を気にしたことはありません。たま …

no image

設備に干渉するブレース

ここ何回か、確認申請が下りた後で言われたこと。 「ここの水平ブレースが設備の配管に干渉してるから、(水平ブレース)のけたらいかん❓」 こんなとき、 「ブレースが設備に干渉してるんじゃなく …

no image

鉄骨梁の継手位置での断面算定

2018年、いかがお過ごしでしょうか。 私はというと、なんか寒すぎて…テンション下がり気味です。 ホッカイロを2つ持ってなんとかしのいでます(‘ω’;) 物件もひと段落ついたし …

ブログ内検索

2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク