まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

法規

ペントハウスは階数に含まれないか?

投稿日:2017年4月17日 更新日:

ペントハウスは階数に含まれないか。たまにこれが問題になります。

鉄骨造の場合、階数によってルート判定が変わってくるため、ペントハウスが階に含まれるかどうかが重要になってくるからです。

また、ペントハウスが階に含まれると、剛性率が問題になってきます。

なので、ルート1(1-1or1-2)でできるものならルート1で設計したいところ。

 

「階数」への算入が除外されるもの…(建築基準法施行令第2条第1項第八号に定義)

・昇降機塔などの建築物の屋上部分・地階の倉庫、機械室で、水平投影面積が建築面積の8分の1以下のものその他、

・屋上に設置するのがやむを得ない場合の機械室

・ペントハウスや地下ピット(通常、算入されないことが多い)

※屋上の倉庫や通常の広さを超えるエレベーターホールなどは階数に算入される。

※「建築面積の8分の1以下」という検討対象は水平投影面積であり、床面積ではない。そのため、庇などの部分も検討対象となる。

※保守点検や非常時に限らず通常使用される階段室や駐車場などを屋上に設ける場合、特定行政庁によっては階数に算入するよう求められる場合がある。

これだと、屋上を物干場として使うために設けた階段室は階数に含まれそうですね。

たまに屋上でバーベキューパーティなんかをするための階段室はどうなんだろう…常時使うわけじゃないから含まれないのかな。そこらへんは建築主事の判断によるんでしょうかね。

★屋上の階段室が申請上は階扱いになる場合でも、適判員によっては、構造計算上はペントハウス扱いにしてもよいと判断される場合があるそうです^^;

 

(参考文献)

・検査員が明かす 建築確認の誤解 申請が「すんなり通る」100のツボ,NA一生BOOK,2013,7.29

1+

Users who have LIKED this post:

  • avatar





-法規

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

減築する場合に建築確認は必要か。構造の既存遡及は?

以下、参考文献より部分的に(ちょっとだけ)抜粋させていただきました。   減築する場合、「大規模の修繕」に該当しない場合は原則、建築確認不要。 減築であっても、例えば階数を1層減らし、従前が …

no image

木造建築関連基準の見直し

平成27年6月施行 「Q&A 改正建築基準法のポイント」新日本法規 より。 ・木造建築関連基準の見直しの具体的な改正内容(法第21条、第27条) 木材の利用を促進するため、耐火構造としなければならない …

no image

既存不適格建築物への遡及範囲(構造)

黄色本にも書かれてはいますが、既存不適格建築物への遡及範囲(構造)について、 ビューローベリタスジャパンが丁寧にまとめられていました。 平成27年6月施行 改正建築基準法既存不適格建築物への遡及範囲( …

no image

構造的に無視しても良い開口の大きさ

この開口、構造的に無視してもいいんだっけ?っていう小さい開口、たまにありますよね。 どれぐらいまでならOKなのか。 黄色本p.318から一部抜粋します。 開口部を設けない場合と同等以上の剛性、耐力を有 …

「高さ」の種類

「高さ」というと申請上の「建築物の高さ」や、北側斜線制限の最高高さ、 または構造計算に用いる際の高さ、風荷重算出時に用いる高さ等、様々な種類があります。 皆さん、正確に理解されているでしょうか。 私は …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事