まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

基礎

杭の偏心による軽微変更

投稿日:2017年4月5日 更新日:

公園の桜がにぎやかになってきました。

街では新社会人の姿もちらほら。

初々しい姿はいいものですね。

 

杭の施工後の偏心による軽微変更。

たまにやると、どういう手続きをとるのか忘れてしまうのでメモ。

(施工屋さんは、できるだけ偏心しないように施工してください^^;

っていっても仕方ないのかな。)

 

①偏心量50mm程度より大きいものを基礎のオフセットで入力

・50mmというのは、特に決まりはないです。細かい数値を全部入力しても構いません。

・2本杭のときは平均値を入力するなどして対応。

・杭の施工誤差、デフォルトで100mm追加になっている場合は、0mmにするのを忘れずに。

・100mm以上になるとフーチングをふかす必要がある。

 

②変更が出た場合、施工者に変更指示書を出す。

・設計図は修正しない。

 

③完了検査時の軽微変更届の書類用に、検討書をつくる。

・基礎梁の追加応力表、RC梁の断面算定、終了時メッセージ、偏心量入力がわかるもの等 をまとめて検討書とする。

・配筋等に変更があった場合は、変更した断面で検討書をつくる。

 

 

0





-基礎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

大地震時に液状化する場合の判断

直接基礎で設計する場合、 中地震時の検討では液状化が起こらないことを確認しますが、 大地震時にFL値が1以下になった場合、どの程度であれば大丈夫と言えるのか。 建築基準法上は、(限界耐力計算を除いて) …

no image

地盤改良の設計メモ

たま~にやる地盤改良、自社では計算書作っていませんが、中身を理解しておかないとですね。 (自分で確認する用のエクセルはつくってますが^^) 数年前に地盤改良の本を一度読んだのですが、もう一度ざっと目を …

no image

杭径と杭種、どちらを上げる方がお得か

プレボーリングの既製杭、PHC杭をよく使うのですが、設計変更でもともと考えていた杭では持たなくなる ということが結構ありますよね。 支持力が持たなくなったときは、杭径を上げるか、杭長を長くするかという …

no image

「浮き上がりを考慮する」とは

電算のソフトに「浮き上がりを考慮するorしない」という入力項目があると思います。   浮き上がりを考慮するorしないとはどういうことかというと、   浮き上がりを考慮する … 支点 …

基礎工事の動画

瀬戸弘司の動画 じゃなくて、基礎工事の動画^^; 今はyoutubeでいろいろ見れるのでいいですね^^   ・アースドリル工法 ドリリングバケットを回転させて地盤を掘削、バケット内部に収納さ …