まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪

基礎

杭の偏心による軽微変更

投稿日:2017年4月5日 更新日:

公園の桜がにぎやかになってきました。

街では新社会人の姿もちらほら。

初々しい姿はいいものですね。

 

杭の施工後の偏心による軽微変更。

たまにやると、どういう手続きをとるのか忘れてしまうのでメモ。

(施工屋さんは、できるだけ偏心しないように施工してください^^;

っていっても仕方ないのかな。)

 

①偏心量50mm程度より大きいものを基礎のオフセットで入力

・50mmというのは、特に決まりはないです。細かい数値を全部入力しても構いません。

・2本杭のときは平均値を入力するなどして対応。

・杭の施工誤差、デフォルトで100mm追加になっている場合は、0mmにするのを忘れずに。

・100mm以上になるとフーチングをふかす必要がある。

 

②変更が出た場合、施工者に変更指示書を出す。

・設計図は修正しない。

 

③完了検査時の軽微変更届の書類用に、検討書をつくる。

・基礎梁の追加応力表、RC梁の断面算定、終了時メッセージ、偏心量入力がわかるもの等 をまとめて検討書とする。

・配筋等に変更があった場合は、変更した断面で検討書をつくる。

 

 

0





-基礎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

杭基礎フーチング周りの寸法

■杭の最小間隔…施工性と支持力への影響を考慮して下記の値となっている。   杭間隔が小さい場合は群杭の影響を考慮する。 施工性、支持力や変位量の妥当な評価が可能であれば、上記の値にこだわる必 …

既存杭があったときどうする?

どうも。   花粉は吸ったほうが免疫が付くんじゃない? と言いつつ、薬に頼ってます。   また杭の話です。担当物件がただいま絶賛杭工事中なので、それに影響されてます^^; &nbs …

圧密沈下の検討

「小規模建築物基礎設計指針」による圧密沈下の検討手順のざっくりメモです。 小規模指針では、SWS試験において自沈する地層など軟弱地盤で不同沈下が予想される場合は、沈下の検討を行うことが望ましいとされて …

液状化のおそれのある層の摩擦力は無視するべき?

また杭です。 この際、杭シリーズとしてまとめておこうかな^^;   杭の許容支持力、極限支持力を求める際、液状化の恐れのある層の摩擦力は無視するべきなのでしょうか。 黄色本(2015年版 建 …

no image

「浮き上がりを考慮する」とは

電算のソフトに「浮き上がりを考慮するorしない」という入力項目があると思います。   浮き上がりを考慮するorしないとはどういうことかというと、   浮き上がりを考慮する … 支点 …