まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S 材料

SS41はいつからSS400になった?

投稿日:2017年4月1日 更新日:

既存鉄骨造の耐震診断、補強をする際、鋼材の材種を確認する必要があります。

といっても、診断・補強の対象となる建物は、ほとんどSS41が使われています。

材質としては同じですが、いつからSS400と呼ばれるようになったのでしょうか。

構造用鋼材の変遷

・普通鋼(SS400)

1950年以前から使用されている。

1994年のJIS改正以前は、SS41と呼ばれていた。

・高張力鋼(SS490)

1956年頃から使用され始める。

SS41と同様に、SS50と呼ばれていた。

・建築構造用(SN400、SN490)

1994年に規定された。

・H形鋼の普及による鉄骨構造の急増

圧延形鋼としては山形鋼、溝形鋼、I形鋼が戦前から使用されていたが、1961年からH形鋼が生産され始め、鉄骨構造が急増した。

・冷間成形角形鋼管(STK、STKR)… JIS規格品

1975年から使用され始める。

当初は系の小さいサイズ中心。

1981年新耐震以降、ブレース構造に比べて構造的に有利なラーメン構造が増加したことで、主要な柱材として径の大きなサイズが多用されるようになった。

・冷間成形角形鋼管(BCR、BCP)… 大臣認定品

1995年から製造開始。

STKRの角部の力学特性の問題点を改良したもの。

主な接合法の変遷

リベット接合

1950年から1960年にかけて現場接合用にさかんに用いられた。

・高力ボルト接合

1958年頃から使用され始め、1964年にJIS規格が制定。

1965年頃には、リベット接合から高力ボルト接合に完全に替わられた。

当初F9Tが主流であったが、1972年のJIS規格改訂後はやや強度の高いF10Tが使用されている。

・工場溶接

1970年初頭まで主流であった被覆アーク溶接(手溶接)は、その後効率の良い炭酸ガスシールドアーク溶接(半自動溶接)に替わられ、現在に至る。

・現場溶接

一時期フラックス入りワイヤを使用したノンガス半自動溶接が使用されていたが、現在ではほとんどが炭酸ガスシールドアーク溶接に替わられている。

(参考文献)

・「わかりやすい鉄骨の構造設計」,技報堂出版

1+
いいね! 0
読み込み中...





  

-S, 材料

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

軽鋼構造設計施工指針とは?

現在、非住宅(住宅以外)の鉄骨構造は重量鉄骨により設計されることがほとんどだと思いますが、稀に軽量鉄骨で作られているコンビニなどを目にすることがあります。平屋のコンビ二程度であれば、施工性の良さや軽さ …

no image

鉄骨造の柱の防火被覆について

鉄骨は不燃材料であり、木材のように燃えて灰になることはありませんが、 火災により温度が上昇すると、耐力が減少してしまいます。 一般的には600℃で耐力が半分になります。 鉄骨造3階建て以上の建物は、柱 …

たわみが大きい…どうする?

夏ですね。 音だけが聞こえてくる花火大会ほど嫌なものはありません! 一緒に見に行く人がほしい^^; そんな話はおいといて、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 部材を設計 …

no image

H-350の細幅とH-244の中幅

部材せいが違うだけで、フランジ幅、板厚は同じなんですね。 H-350×175×7×11 H-244×175×7×11 Iy、Zyは同じで、Aが異なるので、iyは少しだけH-244が大きくなっています。 …

no image

仕口部の保有耐力接合とかいうやつ

角形鋼管柱にH形鋼の梁が取りつく仕口の保有耐力接合ってめんどいですよね。 最近は電算で自動計算できるようになったのでありがたいことですが。 柱スキンプレートの面外変形を考慮した上で保有耐力接合にしない …

ブログ内検索

2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク