Press "Enter" to skip to content

「有効数字3桁で表す」とは

Last updated on 2020年11月4日

数学では√3は√3と答えを書きますが、

工学では、その数値をもとに判断したり、ものを作ったりするので必ず有効少数で表します。

なので、√3=1.73205…ですが、

有効数字3桁または4桁ぐらいで、√3=1.73 または、1.732 と書きます。

 

有効数字とは

物理的に意味のある数字、桁数(1mm単位の定規で0.01mmの位まで測定しても意味は無い、物理的に意味のあるのは0.1mmの位まで)

出典:測量の誤差

測定値や測定値を使った計算で得られた値は,末位に誤差を含みます。誤差を含みながらも,測定値として意味をもつ桁だけを表示したものが,有効数字です。

出典:進研ゼミ高校講座【物理量】有効数字の考え方について

 

テストで、たまに「有効数字3桁で表せ」という問題を目にしますよね。

有効数字3桁ってどう書けばいいのか、忘れることがあるのでメモしときます(^^;

 

「有効数字3桁で表す」とは

 

数字を左側から追ってみたとき、0以外の数値が初めて出てきたところから

3桁の数字を省略しないで示すことです。

 

例)

2.45

0.000872

0.0200

584000

1.00

30.0 などなど

 

ただ、0.000872では扱いにくいので、

8.72×10^-4とか、

87.2×10^-5というふうに表します。

One Comment

  1. 名無し 名無し

    この×10^3や×10^-3は一般的にk(㌔)やm(㍉)に直してるゾ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。