まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

引張ブレースの設計

投稿日:2017年3月29日 更新日:

久々にブレースの設計をすると、断面積に全断面積Agか有効断面積Aeのどちらを

使うのかわからなくなります(いまだに^^;)

今度こそってことで、まとめておきたいと思います。

 

・山形鋼、溝形鋼

Ag=全断面積

Ae=AgーAd(突出部の無効部分+ボルト穴欠損)

 

・丸鋼

転造ねじ :Ae=Ag (通常用いるJISターンバックル筋かいの場合こちら)

切削ねじ :Ae=0.75・Ag (Agは呼び名から計算した丸鋼の全断面積)

※転造ねじのAgと切削ねじのAgの値は異なるので注意!

JISターンバックル筋かいの軸部は呼び名の寸法より細くなっていて、ターンバックルがついているところだけ呼び名の径になっています。

そのため、Agの計算には、最小軸径を用います。

例)1-M12の場合 最小径=10.64mm

Ae=Ag=pi・(10.64/2)2=88.9mm2

 


 

①剛性計算用

Ag

 

②許容応力度設計(一次設計の引張に対する断面検定) 

Na=Ae・sft

 

例)1-M12の場合(SS400, sft=235)

Na=88.9mm^2×235×10^-3=21.0kN

 

③保有耐力接合の検討

Aj・σu≧α・Ag・F

 

軸部が降伏して、塑性変形(伸び)によって地震エネルギーを吸収する前に、仕口部が破断してしまうのを防ぐための検討です。

Aj:接合部の破断形式に応じた接合部の有効断面積(ブレース母材端部の破断耐力計算時は、Aj=Ae)

α:安全率(炭素鋼の場合1.2、ステンレス鋼の場合1.5)

SS400の場合、σu=400 ,F=235

 

ブレースが十分塑性化するためには、周辺の柱・梁もそれに追随できなければなりません。

つまり、α・Ag・Fの軸力に対して、柱・梁が座屈しないか(主に梁のほう)、梁端部の仕口が破断しないかどうかの検討も必要になります。

 

④二次設計の引張耐力算定

Nu=Ag・F

JIS適合材で、SS400の場合、F=235×1.1=258.5とできる。

 

例)1-M12の場合(SS400, F=258.5)

Nu=88.9mm^2×258.5×10^-3=22.9kN

 

※部材の終局強度を計算するに際しては、材料強度として告示で定めた数値の1.1倍の数値をとれます。
(★ただし、ターンバックルについては1.1倍してよいと告示に明示されていないため、鉛直ブレースとして保有水平耐力計算に見込むような場合には、確認申請において「法令上1.1倍は不可」と解釈される可能性もあるので、注意が必要)

 

(JISターンバックル筋交い参考資料)

・現場必携 建築構造ポケットブック, p.505

 

(参考文献)

・2015年 構造設計Q&A集, 日本建築士事務所協会連合会 ,p.95

・2015年版 建築物の構造関係技術基準解説書

・構造計算適合性判定を踏まえた 建築物の構造設計実務のポイント
 

★★★★ JISブレースのAeに要注意

 
————————————————————————————
■18/12/13追記
JISターンバックルブレースの取り付けボルトは、摩擦接合ではなく、支圧接合を前提に設計されているそうです。
なので、高力ボルトではなく、中ボルトでもよいそうです。
Q. JISターンバックルの場合の取り付け高力ボルトは、摩擦面の処理は不要か?

 

0





-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

柱梁仕口部の水平スチフナは省略できる?

H形鋼で、柱通し形式の場合、 柱梁接合部には、普通、水平スチフナを入れますよね。 「でも、ここに必要か?のけられるならのけたいんだけど」 って時に、どういう検討をすればいいのでしょうか。 「実務から見 …

電算で小梁を断面算定させたときにNGになる理由

電算で、ブレースと小梁を入力するために、通り・節点を追加して梁を入力し、両端ピン指定することがあります。 小梁は、小梁検討用の床荷重で断面算定するため、電算では断面算定省略指定をして断面算定させないの …

no image

合成スラブのQ&A

いつのまにか9月。いえ…まあまあやっとこさ9月かな^^ 8月はなんだかんだいろいろあって、充実はしてましたから。 すっかり秋の風になりましたが、まだまだ残暑がきついです。 筋トレでもして、元気に参りま …

no image

仕口部の保有耐力接合とかいうやつ

角形鋼管柱にH形鋼の梁が取りつく仕口の保有耐力接合ってめんどいですよね。 最近は電算で自動計算できるようになったのでありがたいことですが。 柱スキンプレートの面外変形を考慮した上で保有耐力接合にしない …

no image

クレーンの最大車輪圧

クレーンのある建物の構造設計ってめんどくさい! でも、やる度に設計方法の改善点が見つかり、それが面白くもあります^^ 「クレーン付き建物の構造設計指針」みたいなのができたら、ある意味らくなんでしょうけ …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事