まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

基礎

杭基礎フーチング周りの寸法

投稿日:2017年3月23日 更新日:

杭の最小間隔…施工性と支持力への影響を考慮して下記の値となっている。

杭間隔

 

杭間隔が小さい場合は群杭の影響を考慮する。

施工性、支持力や変位量の妥当な評価が可能であれば、上記の値にこだわる必要はない。

 

へりあきの目安

打込み杭:杭頭径の1.25倍以上(杭頭閉端断面としての支圧応力度が、長期で50kg/cm2程度の場合)

埋込み杭:杭頭径の1.0倍以上(同じく33kg/cm2程度の場合。42kg/cm2程度の場合は、この中間程度とする)

【基礎指針1988年版より】

となっているが、埋込み杭のへりあきは慣例で1.25倍以上が採用されている。

現在の基礎指針には記載されていない。

 

パイルキャップのせい

杭頭埋込み長さ100mm(拡底杭などは別途規定)+杭頭補強筋の定着長+かぶり厚

 

パイルキャップ底~地中梁底

最低150mm(拡底杭などは別途規定)、200~250mmとする。

 

杭頭補強筋はフーチング内で折曲げ定着してよいか?

これは、設計規準に明確には記載されていないと思います。

直線定着させるに越したことはないと思いますが、直線定着長が確保できない場合、

一般的には、RCの主筋定着の規定に準じて、フーチング厚の半分以上は直線定着させ、90度に折り曲げ後の余長8dを確保されているそうです。

 

 

 

 

1+
いいね! 0
読み込み中...





  

-基礎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地盤調査を深さ何mで止めるか?

“ 何メートルまでボーリングしましょう? もう止めていいでしょうか? ”   よく地盤調査屋さんから聞かれるやつですね。 N値50以上の洪積層の岩が出たら、埋め込む杭径分ぐらいの深さをボーリ …

圧密沈下の検討

「小規模建築物基礎設計指針」による圧密沈下の検討手順のざっくりメモです。 小規模指針では、沈下の検討として圧密沈下の検討が記載されています。P.79より 1.直接基礎の沈下量は、圧密沈下量の計算によっ …

基礎工事の動画

瀬戸弘司の動画 じゃなくて、基礎工事の動画^^; 今はyoutubeでいろいろ見れるのでいいですね^^   ・アースドリル工法 ドリリングバケットを回転させて地盤を掘削、バケット内部に収納さ …

地盤調査はしなくてもOKか?

政令第93条のただし書によれば、必ずしも地盤調査は必要ではありません。 地盤分類(礫か砂か粘土か等)が分かっていれば、第93条の表の値を採用することができます。 地盤分類は、近隣のボーリングデータがあ …

液状化のおそれのある層の摩擦力は無視するべき?

また杭です。 この際、杭シリーズとしてまとめておこうかな^^;   杭の許容支持力、極限支持力を求める際、液状化の恐れのある層の摩擦力は無視するべきなのでしょうか。 黄色本(2015年版 建 …

ブログ内検索

2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク