まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

基礎

杭基礎フーチング周りの寸法

投稿日:2017年3月23日 更新日:

杭の最小間隔…施工性と支持力への影響を考慮して下記の値となっている。

杭間隔

 

杭間隔が小さい場合は群杭の影響を考慮する。

施工性、支持力や変位量の妥当な評価が可能であれば、上記の値にこだわる必要はない。

 

へりあきの目安

打込み杭:杭頭径の1.25倍以上(杭頭閉端断面としての支圧応力度が、長期で50kg/cm2程度の場合)

埋込み杭:杭頭径の1.0倍以上(同じく33kg/cm2程度の場合。42kg/cm2程度の場合は、この中間程度とする)

【基礎指針1988年版より】

となっているが、埋込み杭のへりあきは慣例で1.25倍以上が採用されている。

現在の基礎指針には記載されていない。

 

パイルキャップのせい

杭頭埋込み長さ100mm(拡底杭などは別途規定)+杭頭補強筋の定着長+かぶり厚

 

パイルキャップ底~地中梁底

最低150mm(拡底杭などは別途規定)、200~250mmとする。

 

杭頭補強筋はフーチング内で折曲げ定着してよいか?

これは、設計規準に明確には記載されていないと思います。

直線定着させるに越したことはないと思いますが、直線定着長が確保できない場合、

一般的には、RCの主筋定着の規定に準じて、フーチング厚の半分以上は直線定着させ、90度に折り曲げ後の余長8dを確保されているそうです。

 

 

 

 

0





-基礎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

沈下について

即時沈下‥透水性の高い砂質土に生じ、荷重が加わると同時に土中の水が移動し沈下は早期に終了する。 即時沈下は比較的表層部の弾性変形と考えられ、小規模建築物のような荷重度が小さい場合、問題となることはほと …

no image

大地震時に液状化する場合の判断

直接基礎で設計する場合、 中地震時の検討では液状化が起こらないことを確認しますが、 大地震時にFL値が1以下になった場合、どの程度であれば大丈夫と言えるのか。 建築基準法上は、(限界耐力計算を除いて) …

圧密沈下の検討

「小規模建築物基礎設計指針」による圧密沈下の検討手順のざっくりメモです。 小規模指針では、SWS試験において自沈する地層など軟弱地盤で不同沈下が予想される場合は、沈下の検討を行うことが望ましいとされて …

基礎工事の動画

瀬戸弘司の動画 じゃなくて、基礎工事の動画^^; 今はyoutubeでいろいろ見れるのでいいですね^^   ・アースドリル工法 ドリリングバケットを回転させて地盤を掘削、バケット内部に収納さ …

no image

「浮き上がりを考慮する」とは

電算のソフトに「浮き上がりを考慮するorしない」という入力項目があると思います。   浮き上がりを考慮するorしないとはどういうことかというと、   浮き上がりを考慮する … 支点 …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事